タロットに関する用語

ライダー版タロットの歴史と特徴

ライダー版タロットとは、1910年頃にアーサー・エドワード・ウェイトとイラストレーターのパメラ・コールマン・スミスによって作成されたタロットカードの一種である。このデッキは、従来のタロットカードよりも視覚的に表現豊かで、カードの意味を理解しやすくするために、各カードに絵やシンボルが描かれている。これにより、ライダー版タロットは、初心者から上級者まで幅広く楽しめるタロットカードとして人気を博している。 ライダー版タロットは、ウェイトが、タロットカードの起源と意味を研究した結果、作成されたものである。彼は、タロットカードが、古代エジプトの神秘主義と関連しており、カードの意味は、古代エジプトの宗教や神話に由来すると考えていた。そのため、ライダー版タロットには、古代エジプトのシンボルやモチーフが多く見られる。 ライダー版タロットは、従来のタロットカードよりも、カードの意味が明確で、理解しやすいとされている。これは、カードに描かれている絵やシンボルが、カードの意味を説明しているためである。また、ライダー版タロットは、カードの背のデザインが統一されているため、カードをシャッフルしやすく、スプレッドを組みやすいという特徴がある。
その他の用語

影響線について

影響線とは、構造物の一点に単位荷重が作用したときの、構造物の諸点の変位、応力、モーメントなどの変化をグラフに表したものです。影響線は、構造物の設計や解析に重要なツールであり、構造物の強度や変形を評価するために使用されます。
影響線は、構造物の形状や材料、荷重の種類などによって異なります。一般に、構造物が複雑になるほど、影響線も複雑になります。影響線は、荷重の位置や大きさを変えて計算することで得られます。影響線は、構造物の一点に単位荷重が作用したときの、構造物の諸点の変位、応力、モーメントなどの変化をグラフに表したものです。影響線は、構造物の設計や解析に重要なツールであり、構造物の強度や変形を評価するために使用されます。
影響線は、構造物の形状や材料、荷重の種類などによって異なります。一般に、構造物が複雑になるほど、影響線も複雑になります。影響線は、荷重の位置や大きさを変えて計算することで得られます。
易学に関する用語

火珠林とは何か?易学を紐解くキーワード解説

火珠林とは、易学の概念であり、乾・坤・坎・離・震・巽・兌・艮の八つの卦を三つ重ねたものを意味します。 火珠林の起源は古く、紀元前11世紀頃にはすでに存在していたと考えられています。 火珠林は、古代中国の占術師たちが、宇宙のしくみや人間の人生を解き明かすために用いたものです。火珠林には、様々な吉凶の兆候が隠されており、それを正しく解釈することで、未来を予測したり、問題を解決したりすることができると信じられていました。 火珠林は、易学の中でも特に重要な概念であり、易経や周易など、多くの易学の書物に記載されています。火珠林を正しく解釈することができれば、易学の奥義を理解することができ、人生をより良いものにすることができると言われています。
四柱推命に関する用語

四柱推命中「直符」について

-直符とは何か- 直符とは、四柱推命において、日柱の干支の組み合わせによって決まる12種類の命式のひとつです。直符は、その人の性格や運命を左右する重要な要素と言われています。 直符は、日柱の干支の組み合わせによって、以下のように12種類に分類されます。 * 甲子庚午 * 乙丑辛未 * 丙寅壬申 * 丁卯癸酉 * 戊辰甲戌 * 己巳乙亥 * 庚午丙子 * 辛未丁丑 * 壬申戊寅 * 癸酉己卯 * 甲戌庚辰 * 乙亥辛巳 それぞれの直符には、固有の性格や運命があります。甲子直符の人は、リーダーシップのある人物で、成功しやすいと言われています。乙丑直符の人は、協調性があり、縁に恵まれると言われています。丙寅直符の人は、行動力があり、運気も強いと言われています。丁卯直符の人は、頭がよく、芸術的な才能があると言われています。戊辰直符の人は、真面目で努力家、お金に恵まれると言われています。己巳直符の人は、社交的で人脈が広く、お金に恵まれると言われています。庚午直符の人は、独立心があり、出世しやすいと言われています。辛未直符の人は、現実的で計画性があり、成功しやすいと言われています。壬申直符の人は、直感力があり、勝負事に強いと言われています。癸酉直符の人は、忍耐強く、縁に恵まれると言われています。甲戌直符の人は、責任感があり、家族運に恵まれると言われています。乙亥直符の人は、心が広く、縁に恵まれると言われています。
四柱推命に関する用語

四柱推命の用語「木」について

木の特徴 木は、四柱推命の五行のひとつで、「成長」「発芽」「変化」を象徴しています。木の人は、一般的に「活発」「社交的」「楽天的」「前向き」な性格です。また、「創造力」に富み、「新しいもの」を好む傾向があります。 木の人は、「リーダーシップ」をとることに長けており、グループを引っ張っていく能力があります。また、「コミュニケーション能力」にも優れており、人と話すことが得意です。さらに、「決断力」があり、物事を素早く決断することができます。 木の人は、「独立心」が強く、自分の道を切り拓いていくことを好みます。また、「好奇心」旺盛で、常に新しいことに挑戦する精神を持っています。さらに、「冒険心」もあり、未知の世界に飛び込むことを恐れません。
風水に関する用語

風水の種類。運気を高めるための基本と応用のポイント。

風水の種類に興味を持つ方々が求める情報を網羅し、専門家の視点から具体的なアドバイスや豊富な図解、写真、取材などを通じて、より深く理解していただけるような記事をお届けします。さらに、風水の種類に関連する重要な固有名詞や共起語なども充実した形で...
易学に関する用語

ト術とは?易学における象徴を用いた占い方法を解説

ト術とは、易学の思想や理論に基づいて占う方法のことです。 易学は、古代中国で生まれた思想体系であり、宇宙の成り立ちや万物の変化などを研究する学問です。易学の発展によって、易占と呼ばれる卜術が生まれました。卜術は、易学の思想を基に、筮竹(ぜいちく)や六爻(りっかく)などの道具を用いて吉凶を占う方法です。 易学の思想では、宇宙の万物はすべて「陰」と「陽」の二つの要素から成り立っていると考えられています。陰は、暗・冷・柔などの性質を、陽は、明・熱・剛などの性質を持っています。また、易学では、宇宙の変化や循環を「五行」(木・火・土・金・水)で表しています。卜術は、これらの易学の思想や理論に基づいて、筮竹や六爻などの道具を用いて、未来の吉凶を占う方法です。 ト術の種類には、様々なものがあります。筮竹を用いて占う「筮法(ぜいほう)」、六爻を用いて占う「六爻法(りっかくほう)」、コインを用いて占う「銭亀法(ぜにきほう)」などがあります。ト術は、古代中国では、政治や軍事、外交など様々な分野で用いられていました。現代でも、ト術は、開運や厄除け、恋愛や結婚など様々な占いに用いられています。
四柱推命に関する用語

四柱推命の用語「旺相死囚休」

旺令とは、四柱推命における用語のひとつです。四柱推命では、人の運命は生年月日と時刻によって決まると考えられており、その生年月日と時刻から導き出される干支を「命式」と呼びます。 命式には、年柱、月柱、日柱、時柱の4つの柱があり、それぞれが「旺」「相」「休」「囚」「死」の5つの状態に分かれています。この5つを総称して「旺相死囚休」といいます。この状態によって、その人の性格や運勢を知ることができます。 「旺令(おうれい)」は、「旺」の状態にあることを意味します。「旺」は、最も強い状態であり、勢いが盛んな状態です。旺令にある干支は、その人の命式の中で最も強い影響力を持つことになります。 旺令になるには、その干支が「月令」にあることが条件です。月令とは、その年の干支のことです。例えば、2023年の干支は「癸卯(みずのとう)」なので、2023年は「癸卯」が月令になります。 その年の月令にある干支は、その年の最も強い干支となり、旺令になります。旺令にある干支は、その人の命式の中で最も強い影響力を持つことになります。旺令の干支は、その人の性格や運勢を大きく左右することになります。
四柱推命に関する用語

算命学とは?その歴史と特徴をわかりやすく解説

算命学の歴史と背景 算命学は、古代中国で生まれた占術で、その歴史は古く、紀元前2000年以上前にさかのぼると言われています。算命学の起源については諸説ありますが、中国の伝統的な陰陽五行思想に由来すると言われています。 陰陽五行思想とは、この世のすべては陰と陽、木・火・土・金・水の5つの元素によって構成されているという考え方で、算命学では、人の生年月日からその人の陰陽五行のバランスを分析し、その人の性格や運命を占います。 算命学は、中国では古くから広く用いられており、日本では平安時代に伝来したと言われています。当初は、貴族や武士の間で流行しましたが、江戸時代には庶民にも広がり、現在では日本でも広く知られる占術となっています。
その他の用語

真北とは何か?

-真北の定義- 真北とは、地球の自転軸と地表との交点である。これは地理的北とも呼ばれ、地球上のあらゆる場所から見て常に一定の方向にあります。真北は、コンパスやGPSなどの航海機器を使用して見つけることができます。 真北は、様々な分野で重要です。航海、測量、航空、軍事など、多くの分野で使用されています。真北はまた、地図や地球儀を作成するためにも使用されます。 地球の自転軸は、地球の中心から北極点と南極点を通過して反対側の北極点と南極点まで伸びています。真北は、この自転軸と地表との交点です。真北は、地球上のあらゆる場所から見て常に一定の方向にあります。これは、地球が自転しているためです。地球が自転しているため、真北は常に一定の方向にあります。 真北は、コンパスやGPSなどの航海機器を使用して見つけることができます。コンパスは、磁気の北極を指すように設計されています。磁気の北極は、真北とは少し異なる方向を指しています。これは、地球の磁場が均一ではないためです。GPSは、真北を指すように設計されています。GPSは、地球上の衛星からの信号を使用して、現在地を特定します。