易学の占法「擲銭法」とは

易学に関する用語

易学の占法「擲銭法」とは

占い大好き

先生、易学に関する用語「擲銭法」について教えてください。

占い研究家

擲銭法とは、コインを使って卦を立てる方法です。ユングもこの方法を使ったと言われ、三枚のコインを使う方法と六枚のコインで一度に六十四卦を求める方法があります。筮竹を用いた本筮法に比べ簡単で、真剣に行えば本筮法で占ったのと変わらない結果が出るといわれています。

占い大好き

なるほど、コインを使って卦を立てる方法なんですね。三枚のコインと六枚のコイン、それぞれでどういった方法があるのか具体的に教えてもらえますか?

占い研究家

三枚のコインを使う方法は、まず三枚のコインを同時に投げ、表が出た数を数えます。表が二枚なら「陰」、裏が二枚なら「陽」、表が一枚なら「変爻」とします。これを三回繰り返して、六爻の卦を作ります。六枚のコインを使う方法は、三枚のコインを使う方法を二回繰り返して、二つの卦を組み合わせることで、六十四卦を求めます。どちらの方法も、真剣に行えば本筮法で占ったのと変わらない結果が出るといわれています。

擲銭法とは。

「擲銭法」とは、ユングも使っていたというコインを使う方法で、三枚を使い四卦を求める方法と六枚を使って六十四卦を一気に求める方法があります。筮竹を使った本筮法に比べて、手軽で、真剣に行えば、本筮法と同じような結果が出ると言われています。

易学とは

易学とは

易学とは、古代中国で生まれた思想体系であり、宇宙の理(法則)を解き明かそうとする学問です。その根底にある考え方は、天地万物にはすべて秩序があり、その秩序は陰陽の二元論で説明できるというものです。

陰陽とは、宇宙に存在する二つの基本的な力であり、陰は受動的で柔らかく、陽は能動的で硬いという性質を持っています。この二つの力は互いに補い合って、宇宙の秩序を維持しています。

易学では、この陰陽の二元論を様々な形で表していますが、中でも有名なのが「易経」という書物です。易経は、64個の卦(け)から成る占筮書であり、その卦はすべて陰陽の組み合わせで表されています

易経を用いて占筮を行うことを「易占い」といい、その方法はさまざまです。その中の1つが「擲銭法」です。

擲銭法とは

擲銭法とは

擲銭法とは、易学の占法の一つで、銭を投げて出た表と裏の数を数え、それによって卦を立てる方法である。易学は、古代中国で発祥した占いの方法で、八卦を組み合わせて卦を作り、その卦から吉凶を占う。八卦とは、乾、坤、震、巽、坎、離、艮、兌の8つの卦のことで、それぞれが自然界の様々な現象を表している。擲銭法では、銭を3回投げて出た表と裏の数を数え、その数によって八卦を決定する。例えば、表が3回出たら乾、裏が3回出たら坤、表が2回と裏が1回出たら震、というように卦を立てる。八卦が決まったら、それを組み合わせて64の卦を作る。64の卦はそれぞれが吉凶を表しており、その卦から吉凶を占うことができる。

擲銭法の種類

擲銭法の種類

-擲銭法の種類-

擲銭法は、古代中国で発祥した占筮の方法であり、貨幣を投げて表と裏の出た回数によって吉兆凶兆を判断する。
擲銭法には、大きく分けて3種類ある。

一つは、「三才法」と呼ばれる方法で、3枚の貨幣を同時に投げて、表と裏の出た回数によって吉兆凶兆を判断する。
この方法は、最も基本的な擲銭法であり、初心者にも簡単にマスターすることができる。

二つ目は、「六爻法」と呼ばれる方法で、6枚の貨幣を投げて、表と裏の出た回数によって吉兆凶兆を判断する。
この方法は、三才法よりも複雑だが、より詳細な占筮結果を得ることができる。

三つ目は、「筮竹法」と呼ばれる方法で、筮竹と呼ばれる棒を投げて、表と裏の出た回数によって吉兆凶兆を判断する。
この方法は、最も古くから伝わる擲銭法であり、他の方法よりも複雑だが、最も正確な占筮結果を得ることができる。

擲銭法のやり方

擲銭法のやり方

擲銭法とは、易学の占法の一つで、硬貨を投げ、その結果によって吉凶を占う方法です。

擲銭法のやり方は、まず占いたいことを心に念じます。次に、硬貨を2~3枚用意し、空中に投げます。硬貨が地面に落ちたとき、表と裏の数が同じなら「吉」、表と裏の数が違うなら「凶」とします。

擲銭法は、手軽に占うことができるので、古くから親しまれています。また、擲銭法は、単なる占いではなく、自分の心の状態を客観的に見つめ直すきっかけにもなります。

擲銭法の的中率

擲銭法の的中率

擲銭法の的中率

擲銭法の的中率は、占者の技量や経験、占う対象の難易度などによって左右されます。一般的には、占者の技量が優れているほど的中率も高く、占う対象が簡単なほど的中率も高くなります。例えば、恋愛や仕事などの身近なテーマを占う場合よりも、国家や世界の情勢などを占う場合の方が的中率は低くなります。

また、擲銭法は、占う対象によって的中率が異なるという特徴もあります。例えば、過去や現在に関することを占う場合よりも、未来に関することを占う場合の方が的中率は低くなります。これは、未来は不確定な要素が多く、予測が難しいからです。

擲銭法の的中率を高めるために、占者は日頃から勉強や訓練を重ねることが大切です。また、占う対象を絞り込み、明確な質問をすることも重要です。そして、占う際には、リラックスした状態で行うようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました