易学の神秘、八門とは?

易学に関する用語

易学の神秘、八門とは?

占い大好き

易学に関する用語「八門」について教えてください。

占い研究家

八門とは、奇門遁甲で最も重要とされる構成要素で、方位の吉凶を大きく決める働きをするものの総称です。

占い大好き

八門にはどのようなものがありますか?

占い研究家

八門には、「休門」・「生門」・「開門」・「景門」・「傷門」・「杜門」・「驚門」・「死門」の8つがあります。この中で特に「休門」・「生門」・「開門」を三吉門と呼びます。

八門とは。

「八門」とは、奇門遁甲という術において、最も重要な要素とされています。「休門」・「生門」・「開門」・「景門」・「傷門」・「杜門」・「驚門」・「死門」の8つの方位を指し、その吉凶を大きく左右する働きをします。中でも、「休門」・「生門」・「開門」は三吉門と呼ばれ、特に吉相とされています。

八門とは何か?

八門とは何か?

易学の神秘、八門とは?

八門とは何か?

易学とは、中国古代の占術で、陰陽五行説に基づいて宇宙の運行や吉凶を占うものです。 易学には、さまざまな流派がありますが、その中でも最も有名なのが八門です。八門とは、易の八卦を基に発展した占術で、人々の運命や吉凶を占うために使われます。

八門は、乾、兌、離、震、巽、坎、艮、坤の八つの門から構成されています。それぞれの門は、方角や季節、五行などに関連付けられており、人々の運勢を占うために使われます。

八門は、占術としてだけでなく、風水や姓名判断など、さまざまな分野にも応用されています。また、八門は、中国の伝統文化を理解する上で重要な鍵の一つでもあります。

八門の構成要素

八門の構成要素

八門の構成要素

八門とは、易学において、方位や時間帯などを表す八つの門のことです。

その構成要素は、東西南北の四正と、北東、北西、南東、南西の四隅から成り立っています。

この八門は、八卦を基にしており、それぞれの門には、八卦のうちのひとつが割り当てられています。

八門の構成要素を詳しく見てみましょう。

* 四正門

四正門とは、東西南北の四つの門のことです。

東門は、春分の日を起点として、夏至の日までを司ります。

南門は、夏至の日を起点として、秋分の日までを司ります。

西門は、秋分の日を起点として、冬至の日までを司ります。

北門は、冬至の日を起点として、春分の日までを司ります。

* 四隅門

四隅門とは、北東、北西、南東、南西の四つの門のことです。

北東門は、立春の日を起点として、立夏の日までを司ります。

北西門は、立夏の日を起点として、立秋の日までを司ります。

南東門は、立秋の日を起点として、立冬の日までを司ります。

南西門は、立冬の日を起点として、立春の日までを司ります。

以上、八門の構成要素について解説しました。

八門の働き

八門の働き

八門とは、易学における構成要素の一つであり、方位や時間帯を司る八卦に由来するものです。八門は、開門、休門、生門、傷門、杜門、景門、死門、驚門の8つに分類され、それぞれが異なる性質と働きを持っています。

八門の働きは、主に吉凶を判断することにあります。例えば、開門は吉門であり、物事がスムーズに進展する時期と考えられています。一方、死門は凶門であり、物事が停滞したり、失敗したりする時期と考えられています。

八門は、方位や時間帯によって変化します。そのため、八門を判断するには、その時点における方位と時間帯を考慮する必要があります。例えば、開門は、東方と午前中を司る門です。そのため、東の方角に旅行したり、午前中に重要な会議を行ったりすると、開門の吉運に恵まれると考えられています。

八門は、風水や占術にも用いられています。風水では、八門を考慮して家や建物の位置や間取りを決め、吉凶を判断します。占術では、八門を考慮して、その日の吉凶を判断したり、物事の成否を占ったりします。

八門は、古来より伝わる易学の重要な要素の一つです。八門を理解することで、吉凶を判断したり、物事の成否を占ったりすることができます。

八門の吉凶

八門の吉凶

易学の神秘、八門とは?

「八門」とは、易学において、方位を司る八つの門のことです。八門は、乾、坤、震、巽、坎、離、艮、兌の八つの方位をそれぞれ司っています。八門は、方角だけでなく、時間、季節、五行、八卦など、様々な要素と関連付けられています。

八門の吉凶は、方角によって異なります。乾門は、北西の方角で、吉方位とされています。坤門は、南西の方角で、凶方位とされています。震門は、東の方角で、吉方位とされています。巽門は、南東の方角で、凶方位とされています。坎門は、北の方角で、吉方位とされています。離門は、南の方角で、凶方位とされています。艮門は、北東の方角で、吉方位とされています。兌門は、西の方角で、凶方位とされています。

八門の吉凶は、方角だけでなく、時間、季節、五行、八卦など、様々な要素と関連付けられています。そのため、八門の吉凶を判断するには、これらの要素をすべて考慮する必要があります。八門の吉凶を知ることで、方角や時間帯、季節などの、様々な要素を考慮した上で、行動することができます。

三吉門について

三吉門について

大見嶷「易学の神秘、八門とは?」では、易学における八門について解説していますが、その中で、三吉門について小見嶷氏が解説しています。

三吉門とは、開門、休門、生門の3つを指し、いずれも縁起が良いとされる門です。開門は、物事が始まる吉兆とされ、休門は、物事が落ち着き、安定する吉兆とされます。生門は、物事が発展し、繁栄する吉兆とされます。

三吉門は、易学における重要な概念の一つであり、占筮や風水など、さまざまな分野に応用されます。例えば、占筮においては、三吉門が出ると、物事がうまくいくと解釈されます。風水においては、三吉門の方角に家を建てると、縁起が良いとされます。

三吉門は、古代中国の思想を基に生まれた概念であり、長い間、人々に親しまれてきました。現代においても、三吉門は、縁起の良いものとして大切にされており、さまざまな分野で活用されている。

タイトルとURLをコピーしました