高島呑象の易学とは

易学に関する用語

高島呑象の易学とは

占い大好き

高島呑象ってどんな人ですか?

占い研究家

高島呑象は、罪を犯して投獄された際に、獄中で「易経」を学び、出獄後、易を用いて商売を繁盛させたとされる人物です。

占い大好き

へぇ、それはすごいですね。易経ってどんな本ですか?

占い研究家

易経は、古代中国で生まれた易占の書物です。筮竹を使って占いをしたり、人生の指針を得るために使われています。

高島呑象とは。

高島呑象とは、明治時代の商人でした。高嶋嘉右衛門という名前でしたが、罪を犯して投獄された際に獄中で「易経」を学びました。出獄後も易を用いて商売を繁盛させ、銀座のガス塔や京浜鉄道も彼の手による事業です。大物の政界人や実業家との親交も深く、政治や外交の経過を的中させ、伊藤博文の暗殺までも的中させたという逸話は有名です。

高島呑象とは

高島呑象とは

高島呑象(たかたかどんしょう)とは、明治時代から昭和時代初期にかけて活躍した易者であり、易学の大家として知られています。

本名・高島嘉七。幕末の1867年、武蔵国多摩郡田奈村(現東京都多摩市)に生まれました。幼少期から易学を学び、独学で易学の研究を深めました。

明治時代には、易学の著作や講演活動を行い、易学の普及に努めました。1923年に発生した関東大地震の際には、易学を使って被災者の安否を占ったり、復旧のアドバイスを行ったりするなど、易学の実践的な活用にも力を入れました。また、易学の他に、気学や姓名判断、風水などにも精通し、易学の枠を超えた幅広い知識と技術を持っていました。

呑象は、易学は単なる占いではなく、人生の指針を示すための学問であると主張しました。そして、易学を学ぶことで、人生の悩みや苦しみを解消し、幸せに生きる道を切り開くことができるとして、易学の普及に努めました。

高島呑象の易学

高島呑象の易学

-高島呑象の易学-

高島呑象は、幕末から明治にかけて活躍した易学者・哲学者です。彼は易学を「宇宙の法則」と捉え、人生や社会のあり方を易学に基づいて説きました。呑象の易学は、明治維新後の日本の思想界に大きな影響を与え、近代日本の形成に重要な役割を果たしました。

呑象の易学の大きな特徴の一つは、彼が易学を単なる占いではなく、宇宙の法則と捉えていたことです。呑象は、易学には宇宙の根源的な原理が隠されており、人間はその原理に従うことで、正しい生き方をすることができると主張しました。

呑象の易学のもう一つの大きな特徴は、彼が易学を単に学問としてではなく、実践的な哲学として捉えていたことです。呑象は、易学の原理を人生や社会のあり方に応用することで、より良い社会を実現できると主張しました。

呑象の易学は、明治維新後の日本の思想界に大きな影響を与えました。呑象の易学は、日本の近代化を推進する思想家や政治家たちに支持され、日本の近代化に重要な役割を果たしました。

易経とは

易経とは

易経とは、古代中国の思想家、易聖と呼ばれる周の文王、その子の周公旦、孔子が易の原理を利用して兵法、医学、政治、天文、軍事、卜筮(ぼくぜい=未来を占うこと)など、ありとあらゆる分野において易の原理を応用して易経を完成させた書物です。易経は、亀の甲羅や骨を灼いてできるひび割れの形を卦象(けいしょう)として、吉凶を判断する占いの書として始まりました。しかし、後世になって、筮竹(ぜいちく)という50本の竹を用いて卦象を立てる方法が考案されました。

易経は、計64の卦から構成されており、各卦は3つの爻(こう)から成り立っています。爻は、陽爻(ようこう)と陰爻(いんこう)の2種類があり、それぞれに独自の性質があります。易経は、これらの爻の組み合わせによって、吉凶を判断したり、未来を予測したりすることができます。

易経は、古代中国において非常に重要視されていた書物で、多くの学者や政治家、軍人などが易経を研究していました。漢の武帝は、易経を学ぶことを国家の重要政策と定め、太学に易経を学ぶための講座を設置しました。また、唐の太宗は、易経を「帝王の学」と呼び、易経を学ぶことを奨励しました。

易を用いて商売を繁盛させる

易を用いて商売を繁盛させる

易を用いて商売を繁盛させる

高島呑象の易学は、商売を繁盛させるためにも応用することができます。易学の知識を活用することで、商売の吉凶を判断したり、商売繁盛のための対策を講じたりすることが可能になります。例えば、高島呑象は、商売を始めるのに適した方位や時期を易学を用いて判断していました。また、商売の繁盛を祈願するために、易学に基づいたお守りや護符を作成することもありました。さらに、高島呑象は、商売繁盛のためのアドバイスも行っていました。例えば、商売繁盛には「顧客との信頼関係を築くこと」が重要であると説いていました。また、商売繁盛には「常に新しいことにチャレンジすること」も重要であると説いていました。

高島呑象の易学は、商売を繁盛させるためには非常に有効な手段です。易学を活用することで、商売の吉凶を判断したり、商売繁盛のための対策を講じたりすることができます。また、商売繁盛のためのアドバイスを受けることもできます。もし、商売を繁盛させたいと考えているのであれば、高島呑象の易学を学んでみることをお勧めします。

政界人や実業家との親交

政界人や実業家との親交

高島呑象の易学とは

政界人や実業家との親交

高島呑象は、政界人や実業家との親交も深かった。特に、政界では、吉田茂、岸信介、佐藤栄作、田中角栄など、戦後日本の首相を務めた人物たちと親しく、また、実業界では、松下幸之助、本田宗一郎、盛田昭夫など、日本を代表する経営者たちとも交流があった。

高島呑象は、政界人や実業家たちから、易学のアドバイスを求められることも多く、彼らの重要な決断に影響を与えたことも少なくない。例えば、吉田茂は、高島呑象に相談して、サンフランシスコ講和条約の締結を決断したと言われている。また、岸信介は、高島呑象に相談して、日米安全保障条約の改定を決断したと言われている。

高島呑象は、政界人や実業家たちと親交を深めることで、易学の普及に貢献した。また、政界人や実業家たちに易学のアドバイスをすることで、日本の政治や経済に影響を与えた。

タイトルとURLをコピーしました