河図・洛書とは何?その起源と意味を解説

易学に関する用語

河図・洛書とは何?その起源と意味を解説

占い大好き

「河図・洛書」って易学の元とされる図なんですけど、「河図」と「洛書」って何か違うんですか?

占い研究家

良い質問だね。「河図」と「洛書」の違いは、発見された場所と経緯に違いがあるんだよ。

占い大好き

発見された場所と経緯ですか!

占い研究家

そうなんだ。「河図」は伏義が河からあらわれた龍馬の背中の奇妙な模様から発見したとされている。そして「洛書」は、禹が亀の甲羅の模様から発見したとされている。

河図・洛書とは。

-河図・洛書とは、中国の占術の起源とされる図です。-

-「河図」-は、伏羲(ふっき)が河から現れた神獣の背中にあった不思議な模様を見て、それをヒントに易(えき)の八卦を作ったとされています。

-「洛書」-は、禹(う)が亀の甲羅にあった模様を見て、それをヒントに『書経』の中の「洪範九疇」を作ったとされています。

河図とは

河図とは

河図とは、中国の古代の書物である『易経』に記載されている伝説的な図のことです。宇宙の構造や生成変化を図式化したものであり、古代中国の思想や文化に大きな影響を与えました。

河図には、白黒の点や円、線が規則正しく配置されており、宇宙の陰陽五行などの要素を表しています。また、河図は、数学や天文学の発展にも影響を与えたと考えられています。

河図の起源は古く、黄河のほとりで発見されたと伝えられています。具体的な発見時期は不明ですが、紀元前2000年頃にはすでに存在していたと考えられています。

河図は、古代中国の皇帝や官僚によって大切にされ、国家の重要な儀式や儀式の中で使用されました。また、河図は、儒教や道教などの中国の伝統宗教にも大きな影響を与えました。

河図は、中国の古代文化を理解する上で重要な資料であり、現在でも研究が続けられています。

洛書とは

洛書とは

-洛書とは-

洛書とは、伏羲が洛水で亀の背に描かれた図を発見したとされる伝説上の図です。 この図は、10個の円とそれらを囲む8個の三本線の組み合わせで構成されており、古代中国では宇宙の構造を象徴すると考えられていました。

洛書は、河図とともに古代中国の重要な占術である「易」の基礎となったとされています。 易は、筮竹と呼ばれる棒を投げて出た結果を解釈することで、吉凶を占う方法ですが、洛書は易の八卦を構成する8つの基本的なパターンを導き出すために使用されました。

また洛書は、五行思想の基礎としても使用されました。五行思想とは、木、火、土、金、水の5つの要素が宇宙のすべてを構成していると考える考え方ですが、洛書は、この5つの要素を組み合わせることで、様々な事象を説明できると考えられていました。

洛書は、古代中国の思想と文化に大きな影響を与えた重要な図であり、現在でも占いや風水などで使用されています。

河図・洛書の起源

河図・洛書の起源

河図・洛書とは、中国最古の図像書である『易経』の序文に書かれた二つの図像のことをいいます。河図は、中国北方の黄河流域に現れたとされる神亀の甲羅に描かれていたとされ、洛書は、中国南方の洛水から出現したという神亀の背中に刻まれていたとされています。

河図は、10個の円と8本の線が交わる図で、洛書は、9つの数と5本の線が交わる図です。河図は、宇宙の運行を表し、洛書は、天地の創造と万物の生成変化を表していると言われています。

河図・洛書は、古くから神秘的な図像として扱われてきたもので、様々な解釈がされてきました。易学では、河図・洛書を易の卦と関連付けて解釈し、易の理論を構築する上で重要な役割を果たしています。また、河図・洛書は、風水や占術にも用いられており、古代中国の思想や文化に大きな影響を与えてきました。

河図・洛書の構成

河図・洛書の構成

– 河図・洛書の構成

河図・洛書は、それぞれ異なる特徴を持つ構成となっています。

河図は、10個の数字が円形に配置されており、その中心には陰陽のシンボルである太極図が描かれています。 10個の数字は、1から10までの自然数であり、それぞれが五行(木・火・土・金・水)と八卦(乾・坎・艮・震・巽・離・坤・兌)に対応しています。

一方、洛書は、9個の数字が3行3列の正方形に配置されています。 洛書の数字は、1から9までの自然数であり、それぞれが五行と九星(一白・二黒・三碧・四緑・五黄・六白・七赤・八白・九紫)に対応しています。

河図と洛書は、どちらも宇宙の構造を表現した図であり、古代中国では易学や風水などの分野で重要な役割を果たしてきました。

河図・洛書の意義

河図・洛書の意義

河図・洛書は、中国の古代において書かれた、宇宙や自然の法則を記した二つの神秘的な図表です。河図は黄河から現れたとされ、洛書は洛水から現れたとされます。どちらも、宇宙の運行や自然界の秩序を象徴する図柄で、古代中国の思想や文化に大きな影響を与えました。

河図は、円の中に十個の数字を配した図形です。数字はそれぞれ、天、地、水、火、木、金、土、日、月、星の十干を意味しています。洛書は、九個の数字を縦横三列に配した図形です。数字は、一、二、三、四、五、六、七、八、九の九宮を意味しています。

河図・洛書は、古代中国の思想家や哲学者によって、様々な解釈がなされてきました。易経や太極図と関連付けられて、宇宙の運行や自然界の秩序を説明するために使用されたり、風水や占術において、吉凶を判断するために使用されたりしました。また、河図・洛書は、古代中国の芸術や文学にも大きな影響を与え、多くの作品にそのモチーフが登場しています。

河図・洛書は、中国の古代文化を代表する神秘的な図表であり、その意義は計り知れません。現代においても、多くの研究者が河図・洛書の謎を解明しようと研究を続けています。

タイトルとURLをコピーしました