顔相学入門:顔の相で性格や運勢を占う術

人相に関する用語

顔相学入門:顔の相で性格や運勢を占う術

占い大好き

人相について教えて下さい。

占い研究家

人相とは、顔のつくりや表情、顔色などからその人の性格や運勢を判断する占いの一種です。

占い大好き

顔相と人相は同じような意味なんですか?

占い研究家

いいえ、正確には違います。顔相は顔を看る占い、人相は顔を含めた身体全てを看る占い、と言われています。

顔相とは。

顔相は、顔の見た目を占い、人の性格や運命を判断するものです。一般的には「人相」と呼ばれていますが、正確には「顔相」は顔のみを占うことを指し、「人相」は顔を含めた身体全体を占うことを指します。

顔相学の歴史と起源

顔相学の歴史と起源

顔相学は、顔の形や特徴を見て、性格や運勢を占う術です。中国では、古代から顔相学が盛んに行われており、王侯貴族から庶民に至るまで、多くの人々が顔相学を信じていました。顔相学の起源は、中国の古代思想である陰陽五行説にあります。陰陽五行説とは、世界は陰と陽、木・火・土・金・水の五つの要素から成り立っているという考え方です。顔相学では、顔の形や特徴を、陰陽五行説の五つの要素に当てはめて解釈します。例えば、顔の形が丸く、肌が白い人は、陰の要素が強く、性格は穏やかで優しいとされます。逆に、顔の形が細長く、肌が黒い人は、陽の要素が強く、性格は活動的で積極的とされます。

顔相学は、中国から日本に伝わり、江戸時代には、庶民の間にも広く浸透しました。江戸時代の顔相学は、顔の形や特徴だけでなく、しぐさや動作、声色など、さまざまな要素を総合的に判断して、性格や運勢を占うものでした。顔相学は、現代でも一部の人々に信仰されており、占いのツールとして利用されています。

顔相学の基礎:五官と12宮の重要性

顔相学の基礎:五官と12宮の重要性

顔相学入門顔の相で性格や運勢を占う術

顔相学は、顔の相で性格や運勢を占う術です。その起源は古く、古代中国で生まれたといわれています。

顔相学の基礎となるのは、五官と12宮です。五官とは、目、鼻、口、耳、眉のことです。12宮とは、額、眉間、目尻、鼻筋、人中、鼻翼、頬、口角、顎、輪郭のことです。

顔相学では、五官と12宮の形状、大きさ、位置、色などから、その人の性格や運勢を判断します。例えば、目力が強く、鼻筋が通っている人は、意志が強く、リーダーシップを発揮するタイプであるといわれています。反対に、目が小さく、鼻が低い人は、優柔不断で、人に流されやすいタイプであるといわれています。

顔相学は、あくまでも占いの一種なので、鵜呑みにしないように注意してください。しかし、自分の性格や運勢を知り、それを改善するヒントを得るために、顔相学を参考にしてみるのも一興です。

顔の形や輪郭で性格や運気を判断する方法

顔の形や輪郭で性格や運気を判断する方法

顔の形や輪郭で性格や運気を判断する方法は、その名の通り、顔の形や輪郭から性格や運気を判断する方法です。顔の形や輪郭は、その人の性格や運勢に大きく影響するとされており、顔の形や輪郭を分析することで、その人の性格や運勢をある程度推測することができます。

顔の形や輪郭による性格や運気の判断は、古くから行われており、古代中国では、顔の形や輪郭からその人の性格や運勢を判断する占術が盛んに行われていました。また、日本でも、顔の形や輪郭からその人の性格や運勢を判断する占術があり、今でも一部の人々に人気があります。

顔の形や輪郭による性格や運気の判断は、あくまでも占術の一種であり、科学的な根拠はありません。しかし、顔の形や輪郭は、その人の性格や運勢に無関係ではないと考える人も多く、顔の形や輪郭からその人の性格や運勢を判断することに興味を持つ人は少なくありません。

目の形や大きさで運勢や恋愛運を占う方法

目の形や大きさで運勢や恋愛運を占う方法

顔相学入門顔の相で性格や運勢を占う術

目の形や大きさで運勢や恋愛運を占う方法

目は、心や性格を表す部位と考えられています。古来、顔相学では、目の形や大きさで運勢や恋愛運を占う方法が確立されており、非常に神秘的で複雑なものであると言われています。

例えば、目が大きく、ぱっちりしている人は、好奇心旺盛で、明るい性格であるとされます。また、目力が強く、印象的な人は、意志が強く、リーダーシップに優れた人物であるとされています。

逆に、目が小さく、細長い人は、小心者で、神経質であるとされます。また、目尻が下がっている人は、消極的で、運勢が悪いとされています。

恋愛運については、目の形や大きさによって、どのような相手と相性が良いか、どのような恋愛を経験するかを占うことができます。

例えば、目が大きく、ぱっちりしている人は、社交的で、多くの人と出会い、恋愛のチャンスが多いと言われています。また、目力が強く、印象的な人は、異性を引き付け、情熱的な恋愛を経験することが多いと言われています。

逆に、目が小さく、細長い人は、シャイで、恋愛のチャンスが少ないと言われています。また、目尻が下がっている人は、恋愛に対して消極的で、なかなか幸せをつかむことができないと言われています。

顔相学は、あくまでも占いですので、鵜呑みにするのは危険です。しかし、顔相学を学ぶことで、自分の性格や運勢を理解し、より良い人生を送るためのヒントを得ることができるでしょう。

鼻の形や高低で金運や健康運を占う方法

鼻の形や高低で金運や健康運を占う方法

鼻の形や高さは、金運や健康運を判断する上で重要な要素です。例えば、鼻筋が通っていて、鼻の頭が丸みのある人は、金運に恵まれやすいとされます。また、鼻が高く、鼻筋がまっすぐな人は、健康に恵まれやすいとされます。逆に、鼻筋が短く、鼻の頭が尖っている人は、金運に恵まれにくいとされます。また、鼻が低く、鼻筋が曲がっている人は、健康に恵まれにくいとされます。

鼻の形や高さは、生まれつきのものであり、変えることはできません。しかし、鼻の形や高さにコンプレックスを持っている人は、美容整形手術を受けることで、鼻の形や高さを変えることができます。ただし、美容整形手術には、リスクが伴うため、よく考えてから決断することが大切です。

鼻の形や高さは、金運や健康運に影響を与えると言われています。しかし、鼻の形や高さは、あくまでも目安であり、必ずしも当てはまるわけではありません。金運や健康運をアップさせるためには、日々の努力や心がけが大切です。

タイトルとURLをコピーしました