四柱推命用語「青龍」とは?意味と特徴を解説

四柱推命に関する用語

四柱推命用語「青龍」とは?意味と特徴を解説

占い大好き

先生、四柱推命の用語で「青龍」って聞いたことあるんですけど、どういう意味ですか?

占い研究家

「青龍」は、四柱推命の五行思想に基づいて、木行に属し、時では春、方角では東に対応する神のことです。

占い大好き

木行というのは、どんなことを表しているんですか?

占い研究家

木行は、成長や発展、生命力などを表しています。

青龍とは。

青龍は、木というエレメントに関連付けられており、季節は春、方位は東に対応しています。物事の成長や発展を促す神として知られ、喜び事、酒食、和合などの象徴とされています。

青龍とは何か?

青龍とは何か?

青龍とは、四柱推命の用語で、東の方位と春の季節を司る神獣です。また、十二支では「辰」に当てはまります。青龍は、中国の古代神話に登場する神獣で、その姿は、龍の頭と蛇の胴体を持っています。また、全身が青色をしており、その姿は非常に威厳があります。四柱推命では、青龍は、東の方位を司る神獣として、幸運をもたらすと言われています。また、春の季節を司る神獣としても知られており、この季節に生まれた人は、青龍の恩恵を受けやすく、幸運に恵まれると言われています。

青龍の意味と特徴

青龍の意味と特徴

四柱推命において、中国の伝説に登場する四神獣「青龍・朱雀・白虎・玄武」は重要な位置を占めています。その中でも、青龍は「東」の方角を司る神獣で、春と季節の始まりを表し、東から吹き付ける風が木の芽を芽吹かせている状態を表現しています。

青龍は、仕事を勤勉に行い、高潔で誠実であり、常に自分ができることを一生懸命に行うことで成功に導かれるとされています。また、青龍は変化を好む性質を持つため、常に新しいことに挑戦して自分を成長させることも重要と考えられています。

青龍とラッキーアイテム

青龍とラッキーアイテム

青龍は東の守護神で、木を象徴する色の緑がラッキーカラーです。 良い運気と新しい始まりをもたらすとされ、青龍に関連するラッキーアイテムは、木製の家具や緑色の小物、植物などです。 特に、観葉植物は青龍のエネルギーを高めてくれるとされ、仕事運や恋愛運をアップさせたい場合におすすめです。また、緑色の財布やキーケースを使うことで、金運アップが期待できます。

青龍と相性がいい干支

青龍と相性がいい干支

青龍と相性がいい干支は、以下の通りです。

* 青龍と子は、干支の相性が良く、子年は青龍の年でもあります。青龍の持つ強い運気と子の持つ柔軟性がうまく調和し、あらゆる面で成功を収めることができます。
* 青龍と丑は、どちらも堅実な干支であり、相性が良いです。丑年の持つ忍耐力和勤勉さが、青龍の持つ強い運気を支え、大きな成果を上げることができます。
* 青龍と寅は、干支の相性が良く、寅年は青龍の年でもあります。青龍の持つ強い運気と寅の持つ行動力と決断力がうまく調和し、あらゆる面で成功を収めることができます。

青龍と相性が悪い干支は、以下の通りです。

* 青龍と午は、干支の相性が悪く、午年は青龍の年でもあります。青龍の持つ強い運気と午の持つ頑固さが衝突し、トラブルや困難が起きやすいです。
* 青龍と酉は、干支の相性が悪く、酉年は青龍の年でもあります。青龍の持つ強い運気と酉の持つ保守性が衝突し、トラブルや困難が起きやすいです。
* 青龍と戌は、干支の相性が悪く、戌年は青龍の年でもあります。青龍の持つ強い運気と戌の持つ警戒心が衝突し、トラブルや困難が起きやすいです。

青龍と相性がいい干支と悪い干支を理解することで、自分の運勢をより良い方向に導くことができます。

タイトルとURLをコピーしました