四柱推命用語:大運とは

四柱推命に関する用語

四柱推命用語:大運とは

占い大好き

大運とは何か?

占い研究家

大運とは、四柱推命において、10年毎の後天運を見るのに用いる干支のことです。個人の生まれた日から月の節入日までの日数で求め、次の節入日までの日数で求める順(行)運と、逆に前の節入日までの日数で求める逆(行)運とがあります。

占い大好き

順(行)運と逆(行)運の違いは?

占い研究家

順(行)運は、生まれた日から月の節入日までの日数で求める運気です。逆(行)運は、月の節入日から生まれた日までの日数で求める運気です。順(行)運は、前半は吉運、後半は凶運となり、逆(行)運は、前半は凶運、後半は吉運となります。

大運とは。

大運は、四柱推命において、10年毎の方向性や運勢を見るための干支のことです。個人の誕生日から月の最初の節入日までの日数をもとめて調べます。次の節入日までの日数で求める運は、順運と呼ばれ、逆に前の節入日までの日数で求める運は逆運と呼ばれています。

大運とは何か

大運とは何か

# 四柱推命用語大運とは
– 大運とは何か

大運とは、四柱推命の柱である年柱、月柱、日柱、時柱の4つの柱とは別に、約10年ごとに運勢の流れが変わることを表し、その運勢のことを「大運の運」といい、その運勢の巡る10年間を「大運」と言います。

大運とは、四柱推命で人生の運勢の流れを判断する上で重要な要素の一つです。

大運は、10年ごとに巡り、その巡る10年間の運勢を大きく左右します。

大運の運勢は、その人の生まれ持った運勢である「本命運」と組み合わさって、その人の人生の運勢を形作っていきます。

大運の求め方

大運の求め方

大運の求め方

大運は、生年月日から求めることができます。生年月日を西暦で表し、年数から1を足して10で割った余りを求めます。この余りが大運の番号となります。

例えば、1985年4月15日生まれの方の場合、1985+1を10で割った余りは5となります。したがって、この方の 大運の番号は5となります。

大運の番号がわかれば、大運の期間を計算することができます。大運の期間は、10年間です。最初の 大運の期間は、出生年から9歳までとなります。その後、10歳から19歳までが2番目の大運の期間、20歳から29歳までが3番目の大運の期間、というように続きます。

大運の期間がわかれば、その期間中に起こる出来事を予測することができます。大運は、その人の運勢を大きく左右するもので、人生の転機となる出来事が起こることもあります。したがって、大運を知っておくことで、人生の計画を立てることができます。

大運の順・逆の考え方

大運の順・逆の考え方

大運の順・逆の考え方

大運は、10年ごとに巡るサイクルであり、その順序は生まれ年から決まっている。大運は、人生の大きな流れを示すものであり、その巡り方によって、運勢が変化していく。

大運の巡り方には、順と逆の2つの考え方がある。順は、生まれ年から10年ごとに進む方向であり、逆は、生まれ年から10年ごとに逆行する方向である。

順と逆の考え方どちらが正しいかは、諸説ある。しかし、一般的には、順の考え方の方が主流である。これは、生年月日から10年ごとに進む方が、自然な考え方であるためである。

また、順の考え方の方が、運勢を判断しやすいというメリットもある。これは、順の考え方では、大運の巡り方に沿って、運勢が変化していくため、運勢の予測が立てやすいからである。

大運と人生の運勢

大運と人生の運勢

大運とは、人生の運勢の大きな流れを表しており、10年ごとに変わります。大運は、その人の生まれ年と生まれ月によって決まります。大運は、その人の生まれ持った運命や性格、才能などを表しており、その人の人生の運勢を大きく左右します。大運は、良い運勢の時と悪い運勢の時がありますが、良い運勢の時でも、悪い運勢の時でも、その人の努力や工夫によって、運勢を改善することができます。

大運は、その人の人生に大きな影響を与えます。大運が良い時であれば、その人の人生は順調に進み、仕事や恋愛、人間関係など、すべてのことがうまくいきます。大運が悪い時であれば、その人の人生は不運に見舞われ、仕事や恋愛、人間関係など、すべてのことに苦労します。しかし、大運が悪い時でも、その人の努力や工夫によって、運勢を改善することができます。

大運は、その人の生まれ持った運命や性格、才能などを表しており、その人の人生の運勢を大きく左右します。大運を知り、自分の運勢を理解することで、より良い人生を送ることができるようになります。

大運を活かすために知っておきたいこと

大運を活かすために知っておきたいこと

大運を活かすためには、まず自分の大運を知ることが大切です。大運は、10年ごとに変わる運勢の波です。自分の大運を知れば、その時期の運勢の傾向を知ることができます。大運の傾向を知っておくことで、その時期に起こりやすい出来事や課題を把握することができます。そして、その時期に何をすべきか、何をすべきではないかを考えることができます。

大運を活かすために大切なことは、その時期の運勢の傾向に合った行動をとることです。例えば、大運が好調な時期であれば、積極的に行動を起こすことで運勢をさらにアップさせることができます。一方、大運が低調な時期であれば、慎重に行動することで運勢の悪化を防ぐことができます。

また、大運を活かすためには、その時期の課題を克服することも大切です。大運の傾向を知っておくことで、その時期に起こりやすい課題を把握することができます。そして、その課題を克服するための準備をすることができます。課題を克服することで、運勢を好転させることができます。

大運は、人生の運勢を左右する重要な要素です。大運を活かすためには、まず自分の大運を知ることが大切です。そして、その時期の運勢の傾向に合った行動をとることで、運勢を好転させることができます。

タイトルとURLをコピーしました