月相について知っておくべきことすべて

西洋占星術に関する用語

月相について知っておくべきことすべて

占い大好き

「月相」について詳しく知りたいです。

占い研究家

「月相」とは、月と太陽のなす角度のことを言います。

占い大好き

月相のリターン図とは何でしょうか?

占い研究家

「月相のリターン図」とは、生まれた時と同じ月相が再現される時のチャートのことです。これは、1ヶ月に1回程度起こりますが、「妊娠しやすい」と伝わっています。

月相とは。

月相とは、月と太陽の角度のことである。月相のリターン図(生まれた時と同じ月相が再現される時のチャート)は、1ヶ月に1回程度発生し、「妊娠しやすい」と言われている。

月相とは?

月相とは?

月相とは何か?

月相とは、地球から見た月の見かけの形のことです。月は、太陽の光を反射して輝いている天体で、満月や上弦の月、下弦の月など、さまざまな形で見えます。これは、月の公転軌道が楕円形であるため、地球と月の距離が常に変化するためです。月は、地球の周りを約27.3日で公転しており、公転するにつれて地球に対して異なる角度で太陽の光を反射します。そのため、地球から見た月の形は変化するのです。

月相のリターン図とは?

月相のリターン図とは?

月相のリターン図とは、出生図の月の位置に戻ってくることを示すチャートです。 これは、約27.3日間かけて起こり、新しい始まりと可能性の時期を表します。月相のリターンは、結婚、昇進、引っ越し、新しい仕事の開始など、人生の大きな変化の時期になる可能性があります。また、新しい視点や気づきを得る時期でもあります。

月相のリターン図は、あなたの個人的な経験に合った具体的な情報を提供することができます。たとえば、月の位置があなたの出生図の10ハウスにある場合、あなたのキャリアを変えたり、昇進したりする可能性があります。月の位置が7ハウスにある場合、結婚したり、新しいパートナーシップを始めたりする可能性があります。

月相のリターン図は、あなたの現在の人生における課題や機会についても洞察を与えてくれます。たとえば、月の位置があなたの出生図の12ハウスにある場合、あなたは精神的な成長や癒しを経験する必要があるかもしれません。月の位置が8ハウスにある場合、あなたは金融上の変化や喪失を経験する必要があるかもしれません。

月相のリターン図は、あなたの個人的な発達を理解し、将来の計画を立てるのに役立つ貴重なツールです。月相のリターンを認識し、そのエネルギーを活用することで、人生のあらゆる局面においてポジティブな変化を起こすことができます。

月相のリターン図が「妊娠しやすい」と言われる理由

月相のリターン図が「妊娠しやすい」と言われる理由

月相のリターン図とは、個人的な月が出生時にあった星座と度数に戻ってきたときに作られるアスペクトのことです。これは、人生における重要なターニングポイントであると信じられており、新しい始まりと締めくくりを告げます。月相のリターン図が妊娠しやすいと言われる理由について、以下に説明します。

まず、月相のリターン図は、月が最も強く影響力のある時期であると考えられているからです。月は感情や内面を司る惑星であり、出産は非常に感情的かつ精神的な経験であるため、この期間は妊娠に適した時期であると考えられています。

次に、月相のリターン図は、新しい始まりと締めくくりを告げる時期であるため、妊娠に適した時期であると考えられています。妊娠は、女性の人生における大きな変化であり、新しい命の始まりを告げるものです。月相のリターン図は、この変化に適した時期であるため、妊娠しやすい時期であると考えられています。

月相のリターン図が「妊娠しやすい」かどうかを調べる方法

月相のリターン図が「妊娠しやすい」かどうかを調べる方法

月相のリターン図が「妊娠しやすい」かどうかを調べる方法

月相のリターンとは、新月から12か月が経過し、再び同じ月相になったときに起こる現象のことです。つまり、新月から新月、満月から満月の間隔が12ヶ月です。月相のリターンは、新しいサイクルの始まりを意味します。新しい仕事、新しい関係、新しいプロジェクトを始めるのに適した時期だといわれています。

月相のリターンは、妊娠にも影響を与えます。月相のリターンが妊娠しやすい時期であるとされているのは、月が子宮を支配しているからです。月が強まっている時期は、子宮の状態も良くなり、妊娠しやすくなります。月相のリターンは、月が強まっている時期にあたるため、妊娠しやすい時期であるといわれています。

月相のリターンが「妊娠しやすい」かどうかを調べるには、月相カレンダーを見るのが一番です。月相カレンダーには、新月、上弦の月、満月、下弦の月の日付が記載されています。自分の月相のリターンの日は、新月の日付から12ヶ月後です。

月相のリターンが「妊娠しやすい」とされるのは、月が子宮を支配しているからです。このため、月相のリターンは、妊娠しやすい時期であるといわれています。月相のリターンが「妊娠しやすい」かどうかを調べるには、月相カレンダーを見るのが一番です。

月相のリターン図を利用して妊娠するコツ

月相のリターン図を利用して妊娠するコツ

月相のリターン図を利用して妊娠するコツ

月相のリターン図とは、出生図の月と同じ角度に月があるときのことです。これは、月が地球の周りを一周する約28日ごとに起こります。

月相のリターン図は、妊娠を計画している女性にとって重要な時期です。なぜなら、この期間は妊娠する可能性が高くなるからです。これは、月の引力が女性の身体に影響を与え、妊娠しやすい状態になるためです。

月相のリターン図を利用して妊娠するコツは、次のとおりです。

* 排卵日を把握する。月相のリターン図は、排卵日の約14日前に起こります。排卵日は、妊娠する可能性が最も高い時期です。
* 性行為をする。排卵日の前後数日間は、性行為をするようにしましょう。これは、妊娠する可能性を高めるのに役立ちます。
* リラックスする。妊娠を計画しているときは、リラックスすることが大切です。ストレスは、妊娠する可能性を下げることがあります。
* 十分な睡眠をとる。十分な睡眠をとることも、妊娠する可能性を高めるのに役立ちます。
* 健康的な食事をとる。健康的な食事をとることも、妊娠する可能性を高めるのに役立ちます。

タイトルとURLをコピーしました