キーワードで理解する西洋占星術「木星」

西洋占星術に関する用語

キーワードで理解する西洋占星術「木星」

占い大好き

木星(射手座の支配星。魚座の副支配星。古代ローマ神話のジュピター(ギリシャ神話のゼウス)から命名。木星の公転周期は11.86年なので、各ハウスに約一年間留まる。木星は昔から「吉星」とされ、木星が運行しているハウスに太陽星座があると、「12年に一度の大幸運期」などと一般的に言われている。寛容、寛大、許容、推進力、チャンスや援助を意味する。) について質問します。

占い研究家

木星について、知りたいことは何ですか?

占い大好き

木星はどの星座の支配星ですか?また、木星の公転周期はどれくらいですか?

占い研究家

木星は射手座の支配星であり、魚座の副支配星です。木星の公転周期は11.86年です。これは、木星が各ハウスに約一年間留まることを意味します。

木星とは。

* 木星は、射手座の支配星であり、魚座の副支配星です。古代ローマ神話のジュピター(ギリシャ神話のゼウス)にちなんで名付けられました。
* 木星の公転周期は約11.86年なので、各サインに約1年間滞在します。
* 木星は昔から「幸運の星」と考えられており、木星が運行しているサインに太陽星座があると、一般的には「12年に一度の大幸運期」と言われています。
* 木星は寛容、寛大、許容、推進力、チャンス、援助などを意味しています。

木星の象徴する意味とは?

木星の象徴する意味とは?

木星の象徴する意味とは?

木星は、幸運と拡大の惑星です。「大吉星」と呼ばれることもあり、その意味は、名誉、成功、繁栄、成長、幸運などです。木星は、人生のあらゆる分野で、拡大と成長をもたらすと言われています。

また、木星は、精神性や高次の意識の象徴でもあります。木星は、人間の意識を広げ、より高いレベルの理解へと導いてくれると言われています。木星は、哲学、宗教、芸術、音楽など、精神性を高めることに関連する分野を司るとも言われています。

木星の支配する星座とハウス

木星の支配する星座とハウス

占星術において、木星は幸運と拡大の惑星とされ、射手座と魚座を支配しています。また、第9ハウスと第12ハウスの支配星でもあります。

射手座は楽観主義と冒険心を表す星座で、広大な世界への憧れと探求心を持ちます。木星はこの星座を支配することで、射手座のこうした性質を拡大し、人生のより大きな目標や可能性に向かって導いてくれます。

魚座は直感力と想像力を表す星座で、感受性豊かで夢見がちです。木星はこの星座を支配することで、魚座のこうした性質を拡大し、他者への共感やスピリチュアルな感覚を強めてくれます。

第9ハウスは、知識と学び、旅行、異文化を表すハウスです。木星がこのハウスを支配することで、より深い知識と新しいものの見方を求める意欲を促され、海外旅行や異文化への関心を強めます。

第12ハウスは、潜在意識、夢、スピリチュアリティを表すハウスです。木星がこのハウスを支配することで、より深い自己理解や直感力の発達を促され、より高い意識状態への道を示してくれます。

木星は、占星術において幸運をもたらす惑星とされていますが、それは単に物質的な幸運を意味するものではありません。むしろ、人生のより大きな意味や目的を見出し、より豊かで充実した人生を送るためのサポートをする惑星なのです。

木星の吉星としての側面

木星の吉星としての側面

木星は、西洋占星術において「吉星」として知られています。 木星は、幸運、富、成功、拡大、成長、楽観主義、寛大さ、慈悲、そして知恵などのポジティブな事柄を司ると言われています。さらに、木星は、旅行、教育、宗教、法律、哲学なども支配しています。木星は、人生において良いことをもたらす惑星であるとされ、木星の影響を受けている人は、一般的に幸運で成功しやすいと言われています。

木星は、幸運をもたらす惑星として知られていますが、それは必ずしも幸運がすべてを解決してくれるという意味ではありません。木星は、努力や行動を促す惑星でもあります。木星の影響を受けている人は、自分の目標や夢に向かって努力し、行動することが大切です。そうすることで、木星の幸運を最大限に生かすことができます。

木星は、人生において成長と拡大をもたらす惑星でもあります。木星の影響を受けている人は、新しいことに挑戦したり、自分の視野を広げたりすることが大切です。そうすることで、木星の成長と拡大の恩恵を受けることができます。

木星は、楽観主義と寛大さをもたらす惑星でもあります。木星の影響を受けている人は、物事を前向きに捉え、他の人に対して寛大であることが大切です。そうすることで、木星の楽観主義と寛大さの恩恵を受けることができます。

木星の公転周期と12年に一度の大幸運期

木星の公転周期と12年に一度の大幸運期

木星の公転周期は約12年です。木星が地球に最も接近する時は、木星が地球に対して最も有利な位置にあり、様々な幸運が巡ってくる「木星来福」と呼ばれる時期です。木星来福の時期は、仕事運、金運、恋愛運など、あらゆる運勢がアップします。この期間中に、積極的に行動を起こすことで、大きな成功を収めることができるでしょう。木星来福の時期は、自分自身を成長させ、新しいことに挑戦するのに適した時期でもあります。この期間中に、新しいスキルを身につける、新しい分野に挑戦する、新しい人間関係を築くなど、積極的に行動することで、人生をより豊かにすることができます。

木星来福の時期には、木星の力が最大限に発揮されるため、願い事が叶いやすくなります。この期間中に、願い事を紙に書いて、毎日声に出して読み上げることで、願いが叶いやすくなります。また、木星は幸運をもたらす神様なので、木星来福の時期には、木星に感謝の気持ちを伝えることで、より多くの幸運を引き寄せることができます。

木星と他の惑星とのアスペクト

木星と他の惑星とのアスペクト

木星と他の惑星とのアスペクトは、西洋占星術において重要な要素です。アスペクトとは、惑星同士の位置関係を表すもので、その関係性によって吉凶が判断されます。

木星は、幸運と拡大の星です。他の惑星と吉角を形成すると、その惑星の性質を拡大して良い影響を与えます。例えば、太陽と吉角を形成すると、幸運と成功に恵まれ、月と吉角を形成すると、感情が豊かになり、人間関係が良くなります。

逆に、木星が他の惑星と凶角を形成すると、その惑星の性質を拡大して悪い影響を与えます。例えば、土星と凶角を形成すると、苦労や障害が多くなり、火星と凶角を形成すると、トラブルや争いが起こりやすくなります。

アスペクトは、惑星同士の距離と角度によって決まります。一般的に、距離が近く、角度が小さいほど、アスペクトの影響が強くなります。また、アスペクトの種類によっても、影響が異なります。

アスペクトは、西洋占星術において、その人の性格や運命を判断する重要な要素です。アスペクトを正しく理解することで、自分自身や他人をより深く知ることができます。

タイトルとURLをコピーしました