オーブとは?西洋占星術の用語解説

西洋占星術に関する用語

オーブとは?西洋占星術の用語解説

占い大好き

西洋占星術に関する用語「オーブ(アスペクトの角度の許容範囲のこと。正確に0度の度数でアスペクトが形成されることは稀なので、アスペクトの影響力を持つ範囲として設定する。占星術家によってオーブの範囲は様々であり、一般的に太陽や月などは広く取ることが多い。)」について詳しく教えてください。

占い研究家

オーブとは、天体同士の角度が正確に0度でなくても、アスペクトの影響力を及ぼす許容範囲のことです。占星術家によってオーブの範囲は異なりますが、一般的には太陽や月などは広く取ることが多いです。

占い大好き

オーブの範囲が広い天体と狭い天体があるのはなぜですか?

占い研究家

天体の重要性によってオーブの範囲が異なります。太陽や月は占星術において最も重要な天体とされているため、オーブの範囲が広くなります。一方、小惑星や彗星などは重要性が低いため、オーブの範囲が狭くなります。

オーブとは。

オーブとは、アスペクトの角度の許容範囲を表します。アスペクトは、天体の位置関係を示すもので、その角度によって影響力が変わります。正確に0度の角度でアスペクトが形成されることは珍しいので、アスペクトの影響力を持つ範囲としてオーブが設定されています。

オーブの範囲は、占星術家によって様々ですが、一般的に太陽や月は広く取ることが多いです。これは、太陽と月は、他の天体よりも影響力が強いと考えられているためです。

オーブの概要

オーブの概要

オーブとは、西洋占星術において、天体の位置や角度がどれだけ正確に一致しているかを測定する単位です。オーブの大きさは、天体の種類やアスペクトの種類によって異なります。例えば、太陽と月の角度は最大12度のオーブを持ち、他の天体の角度は最大8度のオーブを持ちます。オーブが小さいほど、天体の位置や角度がより正確に一致していると解釈されます。

オーブは、西洋占星術において非常に重要な概念です。オーブが大きいと、天体の影響が弱まり、オーブが小さいと、天体の影響が強まると解釈されます。また、オーブの大小は、天体のアスペクトの種類によっても異なります。例えば、合やオポジションなどのメジャーアスペクトは、トラインやセクスタイルなどのマイナーアスペクトよりも大きなオーブを持ちます。

オーブは、西洋占星術師が天体の位置や角度を正確に解釈するために使用する重要なツールです。オーブを正しく理解することで、天体の影響をより正確に予測することができるようになります

アスペクトとオーブの関係

アスペクトとオーブの関係

西洋占星術においてオーブとは、2つの天体の位置関係がどの程度のずれ幅まで許されるのかを示す角度のことです。アスペクトとは、2つ以上の天体が一定の角度で配置されていることを指し、アスペクトが適用される範囲をオーブといいます。オーブは、アスペクトの種類によって異なりますが、一般的に5度前後とされています。

アスペクトとオーブの関係は、天体の位置関係を正確に把握することで、より正確な占星術の解釈を行うことができるようになります。オーブは、アスペクトの種類によって異なりますが、一般的に5度前後とされています。例えば、太陽と水星がコンジャンクション(0度)の場合、オーブは5度まで許容されます。つまり、太陽と水星が0度から5度離れていても、コンジャンクションのアスペクトが適用されるということです。

オーブは、占星術師によって異なる解釈がされることがあります。そのため、オーブの解釈については、占星術師と相談することが大切です。また、オーブは、惑星の強さやサインの位置など、他の要素によって影響を受けることがあります。そのため、オーブを正確に解釈するためには、これらの要素も考慮することが大切です。

オーブの幅は占星術家によって異なる理由

オーブの幅は占星術家によって異なる理由

オーブとは、西洋占星術において、ある惑星の角度が他の惑星の角度と一致する範囲のことです。オーブの幅は、占星術家によって異なります。その理由は、占星術家に与えられた自由裁量の大きさや、占星術家の経験や知識水準によって、オーブの解釈が異なるからです。

占星術家の中には、オーブの幅を広く設定して、より多くの星の影響を考慮に入れる人もいます。また、オーブの幅を狭く設定して、より厳密な解釈を行う人もいます。オーブの幅の設定は、占星術家の解釈スタイルによって異なります。

占星術家は、オーブの幅を調整することによって、より正確な予測を行うことができます。例えば、オーブの幅を広げれば、より多くの星の影響を考慮に入れることができるため、より包括的な解釈が可能になります。一方、オーブの幅を狭くすれば、より厳密な解釈が可能になりますが、考慮に入れる星の影響が少なくなるため、解釈が限定的になります。

主な天体のオーブの範囲

主な天体のオーブの範囲

主な天体のオーブの範囲

オーブの範囲は、天体によって異なります。オーブの範囲が広いほど、その天体の影響力が強く、狭ければ影響力が弱くなります。主な天体のオーブの範囲は以下の通りです。

* 太陽12度
* 月12度
* 水星7度
* 金星8度
* 火星10度
* 木星12度
* 土星10度
* 天王星8度
* 海王星8度
* 冥王星6度

オーブの範囲は、天体の強さだけでなく、その天体のハウスの位置やアスペクトによっても変化します。オーブの範囲が広い天体は、ハウスのカスプに近い位置にある場合や、他の天体とアスペクトを形成している場合、その影響力が強まります。逆に、オーブの範囲が狭い天体は、ハウスのカスプから遠い位置にある場合や、他の天体とアスペクトを形成していない場合、その影響力が弱まります。

オーブとアスペクト解釈における重要性

オーブとアスペクト解釈における重要性

オーブとは、西洋占星術において、天体の位置の不正確さに対して許される許容範囲のことを指します。占星術では、天体の位置が一定であるとはみなされず、その位置が少しずつ変化していくと考えられています。そのため、アスペクト解釈の際には、天体の位置に一定の誤差を考慮する必要があります。この誤差を考慮した範囲がオーブです。

オーブの大きさは、アスペクトの種類によって異なります。 たとえば、合(コンジャンクション)の場合、オーブは通常8度前後ですが、オポジション(180度)の場合、オーブは通常12度前後となります。これは、合の場合には天体がより接近しているため、その位置の不正確さの影響を受けやすいためであり、オポジションの場合には天体がより離れているため、その位置の不正確さの影響を受けにくいからです。

オーブは、アスペクト解釈において重要な役割を果たします。アスペクトは、天体の位置関係によって判断されるものであり、天体の位置に誤差がある場合、そのアスペクトの解釈も変わってきます。そのため、アスペクト解釈の際には、オーブを考慮して、そのアスペクトが有効であるかどうかを判断する必要があります。

オーブは、アスペクト解釈において重要な役割を果たす要素であり、占星術を学ぶ上で欠かせない概念です。オーブを理解することで、より正確なアスペクト解釈が可能となります。

タイトルとURLをコピーしました