西洋占星術用語「冥王星」の意味とは?

西洋占星術に関する用語

西洋占星術用語「冥王星」の意味とは?

占い大好き

冥王星の占星術的な意味について教えてください。

占い研究家

冥王星は、極限、死、再生を意味する惑星です。それは私たちの内なる恐怖や闇を表し、私たちの最も深い欲求や欲望を明らかにすることができます。

占い大好き

冥王星が個人ではなく、世代的な性質を持つのはなぜですか?

占い研究家

冥王星の回転サイクルは非常に長いためです。冥王星が太陽の周りを一周するのに248年かかります。これは、冥王星の影響が短期間ではなく、長期間にわたって続くことを意味します。

冥王星とは。

冥王星は、蠍座の支配星であり、古代ローマ神話に登場する冥府の神プルトン(ギリシャ神話のハデス)にちなんで名づけられました。現在は天文学上では準惑星とされています。冥王星は回転サイクルが長いため、占星術では個人ではなく世代的な性質を表し、極限、死、再生などを意味します。また、冥王星は凶星とされています。

冥王星の概要

冥王星の概要

冥王星の概要

冥王星は、太陽系で最も遠くにある惑星であり、太陽から平均して約5,913,520,000km離れています。冥王星は、1930年にアメリカの天文学者クライド・トンボーによって発見されました。冥王星は、ギリシャ神話に登場する冥界の王、ハーデスのローマ名プルートにちなんで名付けられました。冥王星は、直径が約2,302kmで、質量は地球の約1/6です。冥王星は、太陽の周りを公転するのに約248年かかります。冥王星には、5つの衛星があります。冥王星の最も大きな衛星は、カロンです。カロンは、冥王星の直径の約半分です。冥王星は、冥王星型惑星または冥王星小惑星とも呼ばれています。冥王星は、かつては9番目の惑星とされていましたが、2006年に国際天文学連合によって準惑星に格下げされました。

冥王星の支配星と神話

冥王星の支配星と神話

冥王星の支配星と神話

ギリシャ神話では、冥王星は「ハーデス」です。ハーデスは冥界の王であり、魂を裁き死後の世界を支配する神とされています。また、ハーデスは農業、豊穣、富の神でもあります。ハーデスの妻はペルセポネで、彼女は農業、豊穣、果実の女神とされています。ハーデスとペルセポネの間に生まれたのが冥王星です。冥王星は冥界の王であり、死者の魂を裁き、死後の世界を統治する神とされています。また、冥王星は農業、豊穣、富の神でもあります。冥王星は、死と再生、破壊と創造を司る神とされています。

冥王星の占星術的意味

冥王星の占星術的意味

-冥王星の占星術的意味-

冥王星は、占星術において、死と再生、権力と支配、深層心理、潜在意識などを表す星とされています。冥王星は、12年に一度、他の惑星と同じように星座を移動しますが、その移動は他の惑星とは異なり、非常にゆっくりです。冥王星の移動は、人生における大きな変化や転機を表していると言われています。

冥王星は、蠍座の支配星です。蠍座は、セックス、死、再生、情熱などを表す星座です。冥王星は、蠍座と同じように、これらのテーマと関連しています。

冥王星は、占星術において、重要な星とされています。冥王星の位置やアスペクトは、人生における大きな変化や転機、そして深層心理や潜在意識を暗示しています。

冥王星の吉星と凶星

冥王星の吉星と凶星

冥王星の吉星と凶星

冥王星は、西洋占星術において吉星と凶星の両方の性質を持つ惑星です。吉星としての冥王星は、変革や再生、そしてパワーを象徴しています。冥王星が吉座にある場合、その人は強い意志と決断力を持っていて、困難に直面してもそれを乗り越えていく力を持っています。凶星としての冥王星は、破壊や死、そして権力を象徴しています。冥王星が凶座にある場合、その人は衝動的でコントロールを失いやすく、破壊的な行動をとってしまうことがあります。

冥王星はまた、冥界の支配者である冥王ハデスを司る惑星でもあります。冥界は、死者の国であり、冥王星は死と再生を司る惑星でもあります。冥王星が強い人は、死を恐れません。また、困難に直面してもそれを乗り越えていく力を持っています。冥王星は、人生の変革や再生を象徴する惑星です。冥王星が強い人は、人生の大きな変化を経験することが多く、その変化を乗り越えて成長していきます。

冥王星の世代的な性質

冥王星の世代的な性質

冥王星世代とは、冥王星が占星術における黄道12星座のうち、1つの星座に20年以上滞在する間、生まれた世代のことです。冥王星は、多くの占星術師にとって、変化、革新、変革の惑星です。冥王星世代は、激動や大きな変化を経験する傾向があります。

冥王星による変化は、各世代において、冥王星が黄道12星座のどの星座に滞在しているかによって、異なって現れます。たとえば、冥王星が牡羊座に滞在していた世代は、戦争や革命など、物理的な変化を経験する傾向があります。冥王星が牡牛座に滞在していた世代は、経済や金融など、物質的な変化を経験する傾向があります。冥王星が双子座に滞在していた世代は、コミュニケーションや情報など、知的な変化を経験する傾向があります。

冥王星世代は、多くの場合、その世代に共通する特定の特徴を持っていると考えられています。たとえば、冥王星が牡羊座に滞在していた世代は、独立心と先駆者精神が強い傾向があります。冥王星が牡牛座に滞在していた世代は、現実的で物質主義的な傾向があります。冥王星が双子座に滞在していた世代は、知的でコミュニケーション能力が高い傾向があります。

タイトルとURLをコピーしました