西洋占星術の重要な用語「リターン」とは?

西洋占星術に関する用語

西洋占星術の重要な用語「リターン」とは?

占い大好き

「リターン」ってどういう意味ですか?

占い研究家

「リターン」とは、天体が黄道を一周して戻ってくることを指します。通常は、ネイタル(出生時)の地点に戻ることをさします。

占い大好き

「ソーラー・リターン」「ルナ・リターン」や「サターン・リターン」など、よく使われるものはありますか?

占い研究家

はい、よく使われるリターンとしては、「ソーラー・リターン(太陽回帰)」や「ルナ・リターン(月の回帰)」などがあります。「サターン・リターン(土星回帰)」は、一般的に苦労する時期とされるため、大変注意されます。

リターンとは。

リターンとは、天体が太陽の周りを1周して元の位置に戻ってくることです。通常は、生まれた時の位置に戻ってくることを指します。よく使われるのは、「ソーラー・リターン(太陽回帰)」や「ルナ・リターン(月の回帰)」で、これらを使って未来を予測します。また、特に注意が必要なのは「サターン・リターン(土星回帰)」で、一般的に苦労する時期とされています。

リターンの意味と重要性

リターンの意味と重要性

西洋占星術における「リターン」とは、惑星の位置が出生図の時の位置に再び戻ってくることを意味します。リターンは、人生における重要な転換期を示しており、個人にとって大きな変化や成長の機会をもたらすとされています。 リターンは、惑星の種類によって異なりますが、土星、木星、冥王星のリターンが特に重要視されています。土星のリターンは、約29~30年周期で訪れ、人生の後半における成熟と責任を意味するとされています。木星のリターンは、約12年周期で訪れ、人生における幸運や拡大を意味するとされています。冥王星のリターンは、約13~14年周期で訪れ、人生における変革や再生を意味するとされています。

リターンは、個人にとって大きな変化や成長の機会をもたらすとされています。例えば、土星のリターンは、人生の後半における成熟と責任を意味し、仕事や家庭生活における大きな変化を経験することがあります。木星のリターンは、人生における幸運や拡大を意味し、新しい仕事や恋愛の機会に恵まれることがあります。冥王星のリターンは、人生における変革や再生を意味し、過去のトラウマを乗り越えたり、新しい人生観を築いたりすることがあります。

リターンは、人生における重要な転換期を示すため、占星術師に相談して自分のリターンの時期や意味を知っておくことは、人生をより豊かにするために役立つでしょう。

主なリターンと特徴

主なリターンと特徴

西洋占星術のリターンとは、ある惑星が出生図での位置に戻ってくることを指す。リターンは人生の重要な転換点や変化をもたらすことがあるとされ、特に太陽や土星の帰還は大きな影響力を持つと考えられている。

太陽の帰還は、誕生日を指し、毎年訪れる。誕生日は新しい一年の始まりであり、新たな目標や計画を立てるのに適した時期とされる。また、太陽の帰還は、自分自身を見つめ直し、過去一年を振り返る機会でもある。

土星の帰還は、約29年周期で起こり、人生の大きな節目を示すと言われている。土星は、試練や障害を乗り越えることを司る惑星であり、土星の帰還期には、様々な困難や課題に直面することがある。しかし、土星の帰還期を乗り越えた人は、より強く、成熟した人間になると言われている。

リターンは、人生の重要な転換点や変化をもたらす可能性があるが、必ずしもネガティブな出来事が起こるわけではない。リターンは、新しい始まりを告げたり、新たな可能性を示したりすることもある。リターンを恐れる必要はないが、リターン期には、慎重に物事を進め、大きな決断を下す際には慎重に検討することが大切である。

ソーラー・リターンとルナ・リターン

ソーラー・リターンとルナ・リターン

西洋占星術では、「リターン」という言葉は、惑星が生まれた時の位置に戻ってくることを意味します。リターンには、ソーラー・リターンとルナ・リターンがあります。

ソーラー・リターンとは、太陽が生まれた時の位置に戻ってくることを意味します。太陽が生まれた時の位置に戻ると、その人は新しいサイクルを始めると言われています。このサイクルは、約1年間続きます。ソーラー・リターンのチャートは、その人のその年の運勢を占うために使用されます。

ルナ・リターンとは、月が生まれた時の位置に戻ってくることを意味します。月が生まれた時の位置に戻ると、その人は感情的なサイクルを始めると言われています。このサイクルは、約28日続きます。ルナ・リターンのチャートは、その人のその月の運勢を占うために使用されます。

サターン・リターンと金星リターン

サターン・リターンと金星リターン

– サターン・リターンと金星リターン

サターン・リターンとは、土星が生まれ持った位置に戻ってくる28〜30歳頃の時期のことです。 土星は、試練と困難を象徴する惑星であり、サターン・リターンは、人生の大きな転換期によくみられます。 この時期には、これまでの生き方を見直したり、新しい目標を設定したりするなど、大きな変化が起こりやすいと言われています。

また、金星リターンとは、金星が生まれ持った位置に戻ってくる8〜10歳頃の時期のことです。 金星は、愛と美を象徴する惑星であり、金星リターンは、恋愛や結婚など、人生の大きなイベントが起こりやすい時期によくみられます。 この時期には、自分の魅力や価値観を見直したり、新しい人間関係を築いたりするなど、大きな変化が起こりやすいと言われています。

リターンを利用した未来予測の活用法

リターンを利用した未来予測の活用法

リターンを利用して未来を予測するには、いくつかの活用法があります。まず、自分の出生図におけるリターンの時期を知っておくことが大切です。リターンは、太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星の10個の天体が、出生図の同じ位置に戻ってくることを意味します。リターンの時期は、人生の転換期や重要なイベントが起こりやすい時期とされています。

リターンを利用して未来を予測するには、リターンの時期に起こる星の影響を分析することが大切です。星の影響は、それぞれの天体の性質や位置、アスペクトなどによって異なります。例えば、太陽のリターンは、人生の新しい始まりや、新しい方向性を見つける時期とされています。月のリターンは、感情や心の状態の変化が起こりやすい時期とされています。水星のリターンは、コミュニケーションや学習に関する出来事が起こりやすい時期とされています。このように、それぞれの天体のリターンの時期に起こる星の影響を分析することで、未来を予測することができます。

リターンを利用して未来を予測するもう一つの活用法は、リターンの時期に起こる出来事を記録しておくことです。リターンの時期に起こる出来事を記録しておくことで、リターンの時期に起こる星の影響をより深く理解することができます。また、リターンの時期に起こる出来事を振り返ることで、人生の転換期や重要なイベントをより明確に意識することができます。リターンを利用して未来を予測することは、人生をより豊かに生きるためのヒントを得るために役立つでしょう。

タイトルとURLをコピーしました