西洋占星術の基本用語「12サイン」を解説

西洋占星術に関する用語

西洋占星術の基本用語「12サイン」を解説

占い大好き

西洋占星術の用語「12サイン」について教えてください。

占い研究家

「12サイン」とは、黄道を30度ずつに分割したシンボルのことで、牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座・獅子座・乙女座・天秤座・蠍座・射手座・山羊座・水瓶座・魚座の12サインがあります。太陽星座占いが、太陽がどのサインに位置するかで占うものです。

占い大好き

なるほど、12サインは太陽星座占いで使われるものなのですね。

占い研究家

そうです。太陽星座占いは、生まれた日の太陽の位置によって、その人の性格や運命を占うものです。

12サインとは。

12サインとは、西洋占星術において、黄道を12個の星座に分割したもののことです。

牡羊座、牡牛座、双子座、蟹座、獅子座、乙女座、天秤座、蠍座、射手座、山羊座、水瓶座、魚座の12のサインがあります。

一般的な太陽星座占いは、太陽がどのサインに位置するかで占うものです。

12サインとは何か?

12サインとは何か?

西洋占星術の基本用語である「12サイン」は、黄道十二宮を12等分したもので、それぞれに固有の特徴や意味があります。12サインは、太陽が一年を通して移動する軌道上の12の区画を表しており、生まれ月によってどのサインに太陽が入っているかによって、その人の性格や運勢を占うことができます。12サインには、牡羊座、牡牛座、双子座、蟹座、獅子座、乙女座、天秤座、蠍座、射手座、山羊座、水瓶座、魚座の12星座があります。各星座には、固有のエレメント(元素)とモード(様相)があり、それによって性格や運勢の特徴が決まります。

12サインの性格や特徴

12サインの性格や特徴

– -西洋占星術の基本用語「12サイン」を解説-

-12サインの性格や 特徴

西洋占星術では、12のサインがそれぞれ異なる性格や 特徴を表すとされます。12のサインは、おひつじ座、おうし座、ふたご座、かに座、しし座、おとめ座、てんびん座、さそり座、いて座、やぎ座、みずがめ座、うお座です。

おひつじ座は、行動的で積極的な性格を持つと言われています。おうし座は、誠実で粘り強い性格を持つと言われています。ふたご座は、社交的で器用な性格を持つと言われています。か座は、思いやりのある優しい性格を持つと言われています。しし座は、明るく陽気な性格を持つと言われています。おとめ座は、几帳面で整理整頓が得意な性格を持つと言われています。てんびん座は、公正で調和のとれた性格を持つと言われています。さそり座は、神秘的で直感的な性格を持つと言われています。いて座は、楽観的で冒険心旺盛な性格を持つと言われています。やぎ座は、勤勉で実直な性格を持つと言われています。みずがめ座は、自由奔放で独創的な性格を持つと言われています。うお座は、ロマンチックで感受性豊かな性格を持つと言われています。

これらの性格や 特徴は、あくまでも一般論であり、個人の性格や 特徴は、その人の生年月日や生まれた時間、場所などさまざまな要因が複雑に絡み合って形作られるため、一概に言うことはできません。しかし、占星術を学ぶことで、自分や周りの人の性格や 特徴をより深く理解することができるようになるかもしれません。

12サインと相性

12サインと相性

12サインの相性とは、個人のホロスコープにおける各サイン間の調和や不調和を指します。相性は、各サインが属するエレメント(火、地、風、水)やクオリティ(活動宮、不動宮、柔軟宮)に基づいて決定されます。

相性の良いサインは、互いに補完し合う関係にあるサインです。例えば、火のサインである牡羊座と風サインである双子座は、牡羊座のエネルギーと双子座の知性を組み合わせることで、強力な関係を築くことができます。また、地のサインである牡牛座と水のサインである蠍座は、牡牛座の安定性と蠍座の深みのある感情を組み合わせることで、強い絆を築くことができます。

相性の悪いサインは、互いに衝突する関係にあるサインです。例えば、火のサインである牡羊座と水のサインである蟹座は、牡羊座の衝動的な行動と蟹座の繊細な感情がぶつかり合うことで、緊張した関係になることがあります。また、地のサインである乙女座と風のサインである水瓶座は、乙女座の完璧主義と水瓶座の自由奔放さが対立することで、ストレスの多い関係になることがあります。

しかし、相性が悪いサインであっても、努力次第で良い関係を築くことは可能です。例えば、牡羊座と蟹座は、互いの違いを認め合い、歩み寄ることで、強い関係を築くことができます。また、乙女座と水瓶座は、互いの長所を尊重し合い、協力することで、有意義な関係を築くことができます。

12サインの相関関係

12サインの相関関係

12サインの相関関係

12サインは、それぞれが異なる性格や性質を持っています。これらのサインは、互いに影響を与え合い、相関関係を作っています。この相関関係を理解することで、より深く占星術を理解し、自分の性格や人生をより深く知ることができます。

12サインは、大きく分けて4つのグループに分類されます。それは、火のエレメント、地のエレメント、風のエレメント、水のエレメントです。火のエレメントは、牡羊座、獅子座、射手座。地のエレメントは、牡牛座、乙女座、山羊座。風のエレメントは、双子座、天秤座、水瓶座。水のエレメントは、蟹座、蠍座、魚座です。

同じエレメントに属するサインは、基本的な性格や性質が似ています。例えば、火のエレメントのサインは、情熱的で行動力があり、地のエレメントのサインは、現実的で慎重で、風のエレメントのサインは、知的で好奇心が強く、水のエレメントのサインは、感情的で直感的です。

また、12サインは、お互いに相性の良いサインと相性の悪いサインがあります。相性の良いサインは、お互いに補い合い、協調して行動することができます。相性の悪いサインは、お互いにぶつかり合い、衝突することが多くなります。

12サインの相関関係を理解することで、より深く占星術を理解し、自分の性格や人生をより深く知ることができます。また、人間関係を構築する際にも、この相関関係を参考にすることができます。

12サインの歴史

12サインの歴史

西洋占星術の歴史と12サインの誕生

西洋占星術の歴史は古く、紀元前2000年頃のバビロニアにまでさかのぼると言われています。バビロニア人は、星座の動きと人間の運命との間に関連性があると信じ、12の星座を定めました。これが、現代まで続く12サインの始まりです。

12サインは、黄道12宮とも呼ばれ、それぞれ30度の範囲をカバーしています。黄道は、太陽が1年かけて地球の周りを公転する軌道であり、12サインは太陽が移動する12の区間に対応しています。

12サインは、それぞれ異なる特徴や性格を持っています。牡羊座は情熱的で積極的、牡牛座は穏やかで保守的、双子座は知的で好奇心旺盛などです。自分のサインを知ると、自分の性格や強みをより深く理解することができます。

12サインは、西洋占星術において重要な要素であり、さまざまな占いに使用されます。自分のサインや他の人のサインを知ることで、人間関係や仕事、恋愛などさまざまな分野で役立てることができます。

タイトルとURLをコピーしました