西洋占星術の謎を解く!三重円の世界

西洋占星術に関する用語
スポンサーリンク

西洋占星術の謎を解く!三重円の世界

占い大好き

三重円とは何ですか。

占い研究家

三重円とは、出生時間のホロスコープ、プログレスのホロスコープ、トランジットの天体の位置が配される三つのホロスコープの円を重ねたものです。

占い大好き

三重円はどのように使用されるのですか。

占い研究家

三重円は、未来の出来事を予想するために使用されます。占術家は、三重円の三つの部分から、その人の性格、運命、そして未来の出来事を読み取ることができます。

三重円とは。

三重円とは、生まれた時、現在、将来と3つの時点で占いのチャートを円を重ねたものです。真ん中が生まれた時のチャート(ネイタル)、内側が今のチャート(プログレスチャート)、外側が時期によって変わるチャート(トランシットチャート)となっています。この3つのチャートを使って、占星術師は未来の出来事を予測します。

三重円の構成要素

三重円の構成要素

西洋占星術の大きな特徴のひとつとなっているのが、<三重円>です。この三重円とは、円の中に円が重なるという構造をしており、それを3つ重ねたものが西洋占星術の三重円となります。この三重円は、西洋占星術の中で最も重要な構成要素である<黄道十二星座>、<惑星>、そして<ハウス>を表しています。

三重円の中心にあるのが、黄道十二星座です。黄道十二星座とは、おひつじ座、おうし座、ふたご座、かに座、しし座、おとめ座、てんびん座、さそり座、いて座、やぎ座、みずがめ座、うお座の12星座のことです。これらの星座は、太陽が一年間かけて移動する黄道の軌跡を12等分したもので、西洋占星術では、人の性格や運命を占うために使用されます。

三重円の第二層にあるのが、惑星です。西洋占星術では、太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星の10個の惑星を使用します。これらの惑星は、それぞれが異なる性質を持っており、人の性格や運命に影響を与えるとされています。例えば、太陽は生命力や意志、月は感情や直感、水星は知性やコミュニケーション、金星は美や恋愛、火星は行動力や情熱、木星は拡大や繁栄、土星は試練や制限、天王星は変化や革新、海王星は夢や幻想、冥王星は死と再生を表しています。

三重円の第三層にあるのが、ハウスです。ハウスとは、天球を12等分したもので、それぞれが異なる意味を持っています。例えば、第一ハウスは自己、第二ハウスは財産、第三ハウスはコミュニケーション、第四ハウスは家庭、第五ハウスは恋愛や楽しみ、第六ハウスは健康や仕事、第七ハウスはパートナーシップ、第八ハウスは死や再生、第九ハウスは旅行や学問、第十ハウスは社会的地位、第十一ハウスは友人や仲間、第十二ハウスは潜在意識を表しています。

三重円の読み解き方

三重円の読み解き方

西洋占星術において、三重円は、太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星を表す惑星の円、十二星座の円、およびハウスの円の3つの円で構成される図です。 それぞれ円は、異なる情報を表しており、それらを組み合わせることで、より詳細な占星術の解釈を行うことができます。

惑星の円は、各惑星の現在の位置を示しており、その惑星のエネルギーがどのような影響を与えるかを表しています。例えば、水星が知性の惑星であり、コミュニケーションや学習に影響を与えるため、水星が双子座にある人は、コミュニケーション能力が高く、学習することが好きな傾向があります。

十二星座の円は、個人の出生時に太陽が位置していた星座を表しており、その個人の基本的性格や特徴を表しています。例えば、牡羊座は独立心と行動力が特徴の星座であり、牡羊座生まれの人は、リーダーシップを発揮することが好きな傾向があります。

ハウスの円は、個人の人生のさまざまな領域を表しており、その領域で起こる出来事を表しています。例えば、第一ハウスは、個人の外見や性格を表すハウスであり、第一ハウスに惑星がたくさんある人は、外見が良く、性格が強い傾向があります。

三重円は、これら3つの円を組み合わせて、個人の出生図を作成します。出生図は、個人の性格、強み、弱み、人生の傾向などを表しており、占星術師は、出生図を分析することで、個人のより詳細な占星術の解釈を行うことができます。

三重円による占いの実際

三重円による占いの実際

三重円による占いの実際

三重円は、西洋占星術において用いられる重要な図形です。それは、3つの円が重なり合っていることで構成されています。中央の円は、地球を表しており、その周りを回る2つの円は、それぞれ太陽と月を表しています。

三重円は、主に、個人の性格や運勢を占うために使用されます。 そのためには、まずは、個人の生年月日と出生地から、その人の太陽と月の位置を特定する必要があります。次に、その太陽と月の位置を三重円にプロットし、それらの間の関係性から、その人の性格や運勢を占っていきます。

三重円を使った占いは、非常に複雑で、占うためには、多くの知識と経験が必要です。しかし、熟練した占い師が行えば、非常に正確な占い結果を得ることができると言われています。

三重円は、西洋占星術において、なくてはならない重要な図形です。その正確な占いの結果は、多くの人々の悩みを解消し、人生の道を切り開くために役立っています。

三重円の活用法

三重円の活用法

小見出し 三重円の活用法

三重円は、様々な目的で使用することができます。 自分自身や他人をより深く理解するための方法として、あるいは未来を予測するためのツールとして用いられます。また、人生の特定の分野に焦点を当てて、その分野での成功を促進するためにも使用できます。

自分自身や他人をより深く理解するためには、自分のホロスコープを作成することが重要です。ホロスコープは、出生時に惑星がどの位置にあったかを示した図です。この図から、自分の性格、強み、弱みを知ることができます。また、他の人のホロスコープを作成することで、その人をより深く理解することができます。

未来を予測するためには、トランジットチャートを使用します。トランジットチャートは、現在惑星がどの位置にあるかを示した図です。この図から、近未来に起こる可能性のある出来事を予測することができます。トランジットチャートは、人生の重要な決断を下す際に役立てることができます。

人生の特定の分野に焦点を当てて、その分野での成功を促進するためには、エレクショナルトチャートを使用します。エレクショナルトチャートは、特定の目的を達成するために最良のタイミングを示した図です。この図から、新しいビジネスを立ち上げたり、転職したり、結婚したりするのに最適な時期を知ることができます。

三重円の奥深さを探る

三重円の奥深さを探る

三重円とは、西洋占星術において、天球上を3等分した円のことです。 1つは春分点から始まり、夏至点、秋分点、冬至点を通過して再び春分点に戻る黄道円です。もう1つは、春分点から始まり、夏至点、秋分点、冬至点を通過して再び春分点に戻る黄道円です。もう1つは、春分点から始まり、夏至点、秋分点、冬至点を通過して再び春分点に戻る黄道円です。もう1つは、春分点から始まり、夏至点、秋分点、冬至点を通過して再び春分点に戻る黄道円です。

三重円は、東洋と西洋の占星術の両方で使用される重要な占星術のツールです。 東洋の占星術では、三重円は12の干支と10の天干の組み合わせによって表される60個の干支を表すために使用されます。一方、西洋の占星術では、三重円は12の星座を表すために使用されます。

三重円は、占星術師によって様々な方法で使用されます。 一部の占星術師は、三重円を使用して個人の出生図を作成します。出生図は、個人が生まれたときの日時と場所に基づいて作成された図であり、個人の性格や運命を明らかにすることができます。他の占星術師は、三重円を使用して、現在の星の影響を予測するために使用します。これは、個人の将来の出来事や傾向を予測するために使用することができます。

タイトルとURLをコピーしました