西洋占星術の用語「トロピカル星座」を解説

西洋占星術に関する用語
スポンサーリンク

西洋占星術の用語「トロピカル星座」を解説

占い大好き

トロピカル星座って、何ですか?

占い研究家

トロピカル星座は、春分点の位置を基準に、黄道を12個の等分したものです。12星座とも呼ばれます。占星術では、このトロピカル星座を基準にして、星の影響を占います。

占い大好き

トロピカル星座とサイデリアル星座の違いって、なんですか?

占い研究家

サイデリアル星座は、実際の星々の位置を基準にした星座です。一方、トロピカル星座は、春分点の位置を基準にした星座です。そのため、トロピカル星座とサイデリアル星座は、約24度のズレが生じます。

トロピカル星座とは。

トロピカル星座とは、西洋占星術で使われる星座の配置方法のことです。黄道十二宮のサインの配置は、春分の太陽が位置するポイントを牡羊座の0度とし、そこから12のサインにそれぞれ30度ずつ均等に割り当てます。このため、サイデリアル星座のサインとは約24度の差が生じます。

西洋占星術は、主にトロピカル星座を使用します。一方、インド占星術は、サイデリアル星座を使用します。

トロピカル星座とは?

トロピカル星座とは?

西洋占星術において、トロピカル星座とは、春分点(太陽が赤道と交わる点)を原点として、黄道(太陽が一年間かけて移動する軌跡)を12の等しい部分に分割したものです。

黄道は、地球が太陽の周りを公転する軌道であり、黄道十二宮と呼ばれる12の星座に分かれています。しかし、地球の歳差運動により、春分点が少しずつ移動しているため、天文学上の星座の位置がずれていきます。これを歳差といいます。

そのため、トロピカル星座は、実際の星の位置ではなく、春分点からの角度で決まります。つまり、トロピカル星座は、地球の観測者から見て、太陽が黄道上を移動する位置を示しています。

サイデリアル星座との違い

サイデリアル星座との違い

西洋占星術では、太陽が通過する12の星座を「トロピカル星座」と呼び、この星座に基づいてホロスコープを作成します。一方、「サイデリアル星座」とは、恒星を基準とした12の星座のことです。トロピカル星座とサイデリアル星座は、約24度のずれがあり、そのずれを「歳差運動」と呼びます。

歳差運動とは、地球の地軸がゆっくりと移動する現象であり、約26,000年かけて1周します。この歳差運動により、トロピカル星座とサイデリアル星座は少しずつずれていきます。そのため、トロピカル星座を基準としたホロスコープと、サイデリアル星座を基準としたホロスコープでは、結果が異なる場合があります。

トロピカル星座は、太陽の動きを基準としているため、季節や太陽のエネルギーと関連性が強いと言われています。一方、サイデリアル星座は、恒星を基準としているため、恒星のエネルギーと関連性が強いと言われています。どちらの星座を使用するかによって、ホロスコープの見方や解釈が異なるので、占い師によってどちらの星座を使用するかを判断することが多いです。

トロピカル星座の決定方法

トロピカル星座の決定方法

トロピカル星座とは、春分点を基準として12の星座に分割された星座のことです。これは西洋占星術でよく使用される星座で、惑星の位置や月の位置によって、人の性格や運命を占います。

トロピカル星座は、地球の自転軸が傾いているため、春分点と秋分点の位置が毎年変化します。そのため、トロピカル星座の範囲も毎年変化します。

トロピカル星座の決定方法は以下の通りです。

1. まず、春分点と秋分点の位置を決定します。春分点は、太陽が赤道を通過する日で、秋分点は、太陽が赤道を通過する日です。
2. 次に、春分点を基準として、12の星座に分割します。各星座は30度の範囲を持ち、春分点は牡羊座の始まりとされています。
3. 最後に、惑星の位置や月の位置をトロピカル星座に当てはめて、人の性格や運命を占います。

トロピカル星座の使用例

トロピカル星座の使用例

トロピカル星座とは、西洋占星術で使用される12の星座のこと。春分点を起点として天空を均等に12分割したものです。トロピカル星座は、春分点を占う太陽の位置に基づいて作られており、地球の傾きによって太陽の位置が変化するため、実際の星座の位置とは毎年少しずれていきます。

トロピカル星座は、地球からの太陽の視角に基づいて作られているため、北半球と南半球で構成される星座が異なります。北半球には、牡羊座、牡牛座、双子座、蟹座、獅子座、乙女座、天秤座、蠍座、射手座、山羊座、水瓶座、魚座の12星座が、南半球には、うお座、みずがめ座、やぎ座、いて座、さそり座、てんびん座、おとめ座、しし座、かに座、ふたご座、おうし座、おひつじ座の12星座があります。

トロピカル星座は、西洋占星術で生まれ月の星座に基づいて、性格や運勢を占うために使用されます。また、トロピカル星座は、日付に基づいて、その日に起こることを占うために使用されることもあります。

西洋占星術とインド占星術のサインの違い

西洋占星術とインド占星術のサインの違い

西洋西欧の言語であるインド・アーリア語族の諸言語の使用によって生じた、その言語に属する語から生じたもの。印欧語の諸言語はラテン語族(ラテン語やその後身たるイタリア語やフランス語、ルーマニア語、カタラン語など)、ゲルマン語族(ドイツ語や英語、オランダ語、スウェーデン語など)、スラブ語族(ロシア語やウクライナ語、ポ蘭語など)、ケルト語族(アイルランドのゲール語や、ウェールズ語、スコットランドのゲール語など)、ギリシャ語、アルメニア語などからなる。古代インド語の経典として知られるヴェーダ等には、インド・アーリア語族の諸言語の起源を求めることができる。印欧語とはインド=ヨーロッパ語と捉えるのが、適切と思われる。

印欧語が持つ、インド・アーピア語族諸言語の共通の特徴は、印欧語の言語の語根が、印欧語の諸言語間で同音、同義であることである。例えば「兄弟」という語は、印欧語の言語の語根は、braterであり、ラテン語やイタリア語では、bratro、英語では、brother、ドイツ語では、Bruder、スウェーデン語では、broder、ギリシャ語では、φratēraである。この印欧語の特徴は、英語、フランス語やロシア語などの現代印欧語の諸言語に受け継がれている。

タイトルとURLをコピーしました