ウラニアン占星術の用語

西洋占星術に関する用語

ウラニアン占星術の用語

占い大好き

ウラニアン(占星術の判断技法のひとつ。ヴィッテAlfred Witte(1878-1941)と彼の設立したハンブルグスクールで主張された。海王星の外を公転している未発見の惑星を「ウラニアン惑星」と呼び、各々に象徴的な意味を持たせた。その内容の中には、ハーフサムと呼ばれるミッドポイントの研究、ダイヤルと呼ばれる図形から感受点の関係を記述する方法、個人的感受点の研究などが含まれる。)について教えて下さい。

占い研究家

ウラニアン占星術は、伝統的な占星術とは異なる、独自の判断技法を用いる占星術の一種です。ヴィッテAlfred Witte(1878-1941)が創始し、ハンブルグスクールで主張されました。

占い大好き

ウラニアン占星術の特徴は何ですか?

占い研究家

ウラニアン占星術の特徴は、海王星の外側を公転している、未発見の惑星である「ウラニアン惑星」を考慮することです。各々のウラニアン惑星には、象徴的な意味が与えられており、それらを分析することで、より詳細な占星術鑑定を行うことができます。

ウラニアンとは。

ウラニアンとは、占星術で用いられる判断技法の一つです。ヴィッテAlfred Witte(1878-1941)と彼が設立したハンブルグスクールによって主張されました。海王星の外を公転している未発見の惑星を「ウラニアン惑星」と呼び、それぞれに象徴的な意味が与えられています。ウラニアンには、ハーフサムと呼ばれるミッドポイントの研究、ダイヤルと呼ばれる図形から感受点の関係を記述する方法、個人的感受点の研究などが含まれます。

ウラニアン占星術とは

ウラニアン占星術とは

ウラニアン占星術とは、伝統的な西洋占星術を基本としつつも、ウラヌスや海王星、冥王星などの惑星の発見を契機に、20世紀初頭に登場した新しい占星術の技法の一つです。

ウラニアン占星術の特徴は、これらの惑星の力を重視している点にあります。 伝統的な西洋占星術では、土星が最も外側の惑星と考えられていましたが、ウラヌスの発見によって、土星よりもさらに外側に惑星が存在することが明らかになりました。

これは、占星術の世界に大きな変化をもたらし、ウラヌスや海王星、冥王星などの惑星の力を重視する新しい占星術の技法が生まれたのです。 ウラニアン占星術では、これらの惑星の力を活用することで、人間の内面を深く理解したり、人生の転機を予測したりすることができるとされています。

ヴィッテとそのハンブルグスクール

ヴィッテとそのハンブルグスクール

-ヴィッテとそのハンブルグスクール-

ヴィッテとそのハンブルグスクールは、20世紀初頭のドイツにおいて、ウラニアン占星術の理論と実践の発展において重要な役割を果たしました。ヴィッテの長年の友人であった医師のアルフレッド・ヴィッテは、1918年にハンブルグで彼の最初の占星術学校を設立し、この学校はすぐに占星術家の中心地となりました。ヴィッテはハンブルグで占星術を教えるだけでなく、占星術の本を数多く出版し、ウラニアン占星術の理論を普及させることに貢献しました。

ヴィッテのハンブルグスクールには、多くの著名な占星術家が学んでおり、その中には、アリス・アッハーマン、エルンスト・クラマー、ヘルマン・クーニッツ、ヘルマ・ゾーゲなど、ウラニアン占星術の発展に大きな貢献をした人物たちが含まれています。アッシャーマンは、ヴィッテの「天体記号」理論に関する本を書き、この理論の理解に役立ちました。クラマーは、ウラニアン占星術の理論を深く研究し、その本の中で、占星術と心理学の関係について論じました。クーニッツは、ヴィッテの理論を基に独自の占星術システムを開発し、ゾーゲは、占星術に関する数冊の本を書き、占星術を一般の人々に広めることに貢献しました。

ヴィッテとそのハンブルグスクールは、ウラニアン占星術の発展に大きな貢献をしました。ヴィッテは、ハンブルグで占星術を教え、ウラニアン占星術に関する本を数多く出版し、ウラニアン占星術の理論を普及させることに貢献しました。ハンブルグスクールで学んだ占星術家たちは、ウラニアン占星術の理論と実践を発展させ、その後の占星術の発展に大きな影響を与えました。

未発見の惑星「ウラニアン惑星」

未発見の惑星「ウラニアン惑星」

ウラニアン占星術の重要な概念の一つが、未発見の惑星「ウラニアン惑星」です。これらの惑星は、ウラニアン占星術の創始者であるアルフレッド・ウィットが提唱したもので、彼が天王星の軌道を超えた惑星を発見したと主張したことによるものです。

ウィットは、これらの惑星は、人間の精神性や直観力、霊性を司るとしており、占星術のチャートに加えることで、より正確な読み取りが可能になると主張しています。しかし、ウラニアン惑星の実在は、科学的に証明されておらず、現代の天文学では認められていません。

しかし、ウラニアン占星術では、これらの惑星を考慮してチャートを作成し、解釈を行うことで、より深い洞察を得ることができるとされています。これは、ウラニアン占星術が、人間の心理や精神性、霊性を重視しているためであり、これらの惑星が、それらの側面を司っていると考えるからです。

また、ウラニアン占星術は、伝統的な占星術とは異なり、惑星間のアスペクトを重視していません。これは、惑星間の調和や葛藤よりも、個々の惑星のエネルギーが重要であると考えるためです。そのため、ウラニアン占星術では、惑星間の距離や角度よりも、惑星のサインやハウスの位置を重視して解釈を行います。

ハーフサムとミッドポイント

ハーフサムとミッドポイント

ウラニアン占星術の用語

ハーフサムとミッドポイント

ハーフサムは、2つの天体の位置の平均値です。 ミッドポイントは、2つの天体の位置の中間点です。これらの2つのポイントは、占星術のチャート解釈で使用され、2つの惑星またはポイントが相互作用する場所を示します。

ハーフサムは、2つの планеты のエネルギーを融合して新しいエネルギーを生み出すため、しばしば「調和のとれた」ポイントと考えられています。 мид-точкаは、より緊張のあるポイントであり、2つの天体のエネルギーが衝突する場所を示します。これは、課題や葛藤を示す可能性があるため、時には「不調和」なポイントとみなされることもあります。

ハーフサムとミッドポイントは、両方とも占星術のチャート解釈に使用することができますが、異なる目的で使用されます。ハーフサムは、2つの планеты のエネルギーがどのように融合するかを示し、ミッドポイントは、2つの планеты のエネルギーがどのように相互作用するかを示します。これらの2つのポイントは、占星術のチャートを理解するために貴重なツールであり、個人の性格や人生の経験をより深く理解するのに役立ちます。

ダイヤルと感受点の関係

ダイヤルと感受点の関係

ウラニア占星術は、従来の占星術の用語に加え、独自の用語や概念を多く用います。その中でも、ダイヤルと感受点の関係は、ウラニア占星術の重要な特徴の一つです。

ダイヤルとは、出生図の中で天体の配置が示された円のことです。感受点とは、天体と地球との間の角度によって決まるポイントのことです。感受点は、天体の位置や動きによって変化します。

ウラニアン占星術では、ダイヤルと感受点の関係を重視します。ダイヤル上の天体の配置は、その人の性格や運命を暗示していると考えられています。感受点は、天体の動きによって変化するため、その人の人生のタイミングや変化を暗示していると考えられています。

ウラニアン占星術では、ダイヤルと感受点の関係を分析することで、その人の性格や運命、人生のタイミングや変化を予測することができるとされています。ウラニアン占星術は、従来の占星術よりも精神的な側面に重点を置いているため、その人の内面を深く理解したい場合に有効な占星術であると言えます。

タイトルとURLをコピーしました