西洋占星術における12ハウスとは?

西洋占星術に関する用語

西洋占星術における12ハウスとは?

占い大好き

「12ハウス」とは何かを教えてください。

占い研究家

12ハウスとは、天球を12の区画に分けたもので、地球の自転に関係して決定されます。

占い大好き

12ハウスはサインとはどう違うのですか?

占い研究家

サインは個人の心理的な傾向や個性を表し、ハウスは個人の活動の分野として捉えるのが一般的です。

12ハウスとは。

1. 12ハウスとは、地球の表面を12の区画に分けた領域です。
2. 12サインと混同されがちですが、12ハウスは地球に属しており、地球の自転に関連して決定されます。
3. 12ハウスの区分けには、プラシーダス方式が最も広く用いられています。
4. 一般的に、12サインは個人の心理的な傾向や個性を表し、12ハウスは個人の活動の分野や生活環境を表します。

12ハウスとは何か?

12ハウスとは何か?

西洋占星術において、12ハウスとは、出生時の惑星や星座の位置を12の分野に分割したもので、それぞれが人生の特定の側面を表しています。これらのハウスは、人生の旅路における12の段階を表しており、誕生から死まで、各ハウスは人生の異なる側面に関連しています。12ハウスは、1ハウスから始まり、12ハウスで終わります。1ハウスは、自分自身、アイデンティティ、外観を表し、12ハウスは、潜在意識、精神性、閉鎖を表しています。

12ハウスは、人生の旅路における12の段階であり、各ハウスは、人生の異なる側面と関連しています。各ハウスは、占星術のチャートの中で特定の位置を持ち、惑星の配置によってその意味が変化します。惑星の配置やアスペクトなど、さまざまな要素が考慮され、各ハウスの解釈は複雑です。占星術師は、これらの要素を分析して、個人の性格、人生の傾向、課題などを判断します。

12ハウスは、人生のあらゆる側面を網羅しており、人間の経験の全体像を理解するための貴重なツールであるとも言えます。12ハウスを理解することで、自分自身や他者をより深く知り、人生の目的や方向性を明確にすることができます。

サインと12ハウスの違い

サインと12ハウスの違い

西洋占星術における12ハウスとは、天空を12等分したエリアのこと。1ハウスから12ハウスまで、それぞれが異なる意味やテーマを持っています。サインとは、黄道十二宮を一等分した12の星座のこと。牡羊座、牡牛座、双子座、蟹座、獅子座、乙女座、天秤座、蠍座、射手座、山羊座、水瓶座、魚座です。

サインは出生時の太陽の位置で決まりますが、ハウスは出生時の時刻と場所によって決まります。そのため、同じサインであっても、ハウスが異なれば意味やテーマも異なってきます。例えば、牡羊座の太陽を持つ人は、一般的に行動的でおおらかで積極的とされますが、1ハウスに牡羊座が入っている人は、その傾向がより強く出るとされます。逆に、12ハウスに牡羊座が入っている人は、その傾向が弱まるとされます。

サインとハウスは、どちらも西洋占星術において重要な要素ですが、その意味やテーマは異なります。サインは、個人の基本的な性格や性質を表し、ハウスは、個人の人生における様々な事柄を表します。どちらか一方だけを見るのではなく、サインとハウスを総合的に考えることで、より深く個人のことを理解することができます。

12ハウスの分割方法

12ハウスの分割方法

12ハウスの分割方法

12ハウスの分割方法は、主に3つあります。

* -等分割法-は、最も単純な方法で、円周を12等分して分割する方法です。
* -プラシーダス法-は、ハウスの境界を惑星の位置に基づいて決定する方法です。
* -コッホ法-は、ハウスの境界を惑星の位置とサインに基づいて決定する方法です。

等分割法は最も単純な方法ですが、惑星の位置を考慮していないため、正確ではないことがあります。
プラシーダス法コッホ法は惑星の位置を考慮しているため、より正確な結果を得ることができますが、計算が複雑です。

どの分割方法を使用するかは、占星術師の好みによります。
等分割法は最も単純ですが、より正確な結果を得たい場合は、プラシーダス法またはコッホ法を使用することをお勧めします。

12ハウスの読み方

12ハウスの読み方

西洋占星術において、12ハウスは個人の出生図を12の区分に分割したもので、それぞれの人生におけるさまざまな領域を表しています。12ハウスの読み方は、各ハウスの支配星(そのハウスに関連する惑星)と配置されている惑星を見て行います。

各ハウスは、人生の特定の分野を司っています。例えば、1ハウスは自己、2ハウスは財産、3ハウスはコミュニケーション、4ハウスは家庭、5ハウスは創造性、6ハウスは健康、7ハウスはパートナーシップ、8ハウスは死と再生、9ハウスは旅行と教育、10ハウスはキャリア、11ハウスは友人と共同体、12ハウスは潜在意識と無意識の領域を表しています。

12ハウスを解釈する際には、各ハウスの支配星と配置されている惑星が重要です。支配星は、そのハウスに関連する惑星です。例えば、1ハウスの支配星は太陽です。太陽は、自己、個性、エゴを表しています。1ハウスに太陽が配置されている場合、その人は自己意識が強く、自信があり、リーダーシップを発揮する能力があります。

配置されている惑星は、そのハウスのテーマに影響を与えます。例えば、1ハウスに火星が配置されている場合、その人は情熱的で、エネルギーがあり、行動力があります。水星が配置されている場合、その人はコミュニケーション能力が高く、知性的で、好奇心旺盛です。金星が配置されている場合、その人は愛情深く、美意識が高く、芸術的な才能があります。

12ハウスと人生の展開

12ハウスと人生の展開

12ハウスと人生の展開

12ハウスは、人生の展開を象徴する位置です。ここで起こるアスペクトは、人生のさまざまな出来事を暗示します。例えば、12ハウスに惑星が集中している人は、人生のどこかの時点で、大きな変化を経験することがあります。また、12ハウスに凶星がある人は、人生の途中で、困難や試練に遭遇する可能性が高いでしょう。12ハウスに吉星がある人は、人生の途中で、幸運やチャンスに恵まれる可能性が高いでしょう。もちろん、アスペクトの配置によって、吉凶の程度は変わります。

タイトルとURLをコピーしました