西洋占星術の用語「アスペクト」とは?

西洋占星術に関する用語
スポンサーリンク

西洋占星術の用語「アスペクト」とは?

占い大好き

「西洋占星術」に関する用語「アスペクト」について教えてください。

占い研究家

アスペクトとは、黄経値と赤緯値のアスペクトがある複数の天体が作る角度のことです。黄経値のアスペクトで特に重要なのは0度、180度、120度、90度、60度で、強いエネルギーが発生します。これを「メジャー・アスペクト」と呼びます。

占い大好き

オーブとは何ですか?

占い研究家

アスペクトが正確に成立している場合を「タイト (tight)」と呼び、強力に発揮されます。

アスペクトとは。

アスペクトとは、複数の天体の角度(相対位置)のことで、天体の配置を示す重要な要素です。座相とも呼ばれます。アスペクトには、黄経値と赤緯値のアスペクトがあります。特に、黄経値のアスペクトの中で重要なのは、0度、180度、120度、90度、60度の5つで、これらの角度では強いエネルギーが発生します。このような角度を「メジャー・アスペクト」といいます。ただし、これらの角度は厳密ではなく、多少の誤差(許容範囲)があります。この誤差のことを「オーブ(orb)」といいます。オーブ以内の角度であれば、アスペクトとみなされます。また、アスペクトが正確に成立している場合を「タイト (tight)」と呼び、そのアスペクトのエネルギーが強力に発揮されると考えられています。

アスペクトとは?

アスペクトとは?

西洋占星術の用語「アスペクト」とは?

アスペクトとは、天体同士の相対的な位置関係のことです。天体同士が一定の角度で配置されているとき、その関係性をアスペクトと呼びます。アスペクトには吉座相と凶座相の2種類があり、吉座相は天体同士が調和のとれた関係にあることを、凶座相は天体同士が緊張感のある関係にあることを意味します。

アスペクトは、天体同士の距離や角度によって決まります。例えば、天体同士が90度の角度で配置されているとき、その関係性はスクエアと呼ばれ、凶座相となります。一方、天体同士が120度の角度で配置されているとき、その関係性はトラインと呼ばれ、吉座相となります。

アスペクトは、占星術において重要な要素です。アスペクトによって、天体同士の関係性を判断し、その関係性が個人にどのような影響を与えるかを読み取ることができます。アスペクトは、出生図やトランジット図、プログレス図など、さまざまな占星術のチャートで使用されます。

アスペクトの種類

アスペクトの種類

-西洋占星術の用語「アスピクト」とは?-

-アスピクトの種類-

* -合(コンジャンクション)-2または3個の天体が15度以内に位置する。合は、天体のエネルギーが合流して強化されることを示している。

* -オポジション(対立)-2または3個の天体が180度離れて位置する。オポジションは、天体のエネルギーが衝突して緊張を起こすことを示している。

* -スクエア(四角形)-2または3個の天体が90度離れて位置する。スクエアは、天体のエネルギーがぶつかり合って葛藤を起こすことを示している。

* -トライン(三角形)-2または3個の天体が120度離れて位置する。トラインは、天体のエネルギーが調和して相互に補完し合っていることを示している。

* -セクスタイル(六分儀)-2または3個の天体が60度離れて位置する。セクスタイルは、天体のエネルギーが協力して良好な結果をもたらすことを示している。

アスピクトは、ネイタルトチャート(生誕図)の天体の配置に基づいて解釈される。アスピクトは、個人の性格、強み、弱み、そして潜在能力を明らかにすることができる。また、アスピクトは、個人の将来の可能性と課題を予測するために使用することができる。

メジャー・アスペクト

メジャー・アスペクト

メジャー・アスペクトは、西洋占星術において、天体の角度が特定の関係にあることを意味します。メジャー・アスペクトは、アスペクトの中で最も重要視されるもので、ホロスコープの解釈において重要な役割を果たします。

メジャー・アスペクトには、合、オポジション、スクエア、トライン、セクスタイルの5種類があります。合は、天体が同じ位置にあること、オポジションは、天体が180度の位置にあること、スクエアは、天体が90度の位置にあることを意味します。トラインは、天体が120度の位置にあること、セクスタイルは、天体が60度の位置にあることを意味します。

メジャー・アスペクトは、天体同士の調和や葛藤を表しています。合は、天体同士が調和の関係にあることを表し、オポジションは、天体同士が葛藤の関係にあることを表します。スクエアは、天体同士が緊張関係にあることを表し、トラインは、天体同士が協調関係にあることを表します。セクスタイルは、天体同士が協力関係にあることを表します。

メジャー・アスペクトは、ホロスコープの解釈において重要な意味を持ちます。メジャー・アスペクトを正しく理解することで、ホロスコープに表れる人物の性格や運勢をより正確に読み解くことができます。

オーブとは?

オーブとは?

オーブとは、アスペクト同士の角度が正確に重なる必要がない範囲のことです。 オーブは、アスペクトの重要性を測定するために使用されます。オーブが狭いほど、アスペクトはより重要であるとみなされます。オーブが広いほど、アスペクトはより重要ではないとみなされます。

オーブの幅は、アスペクトの種類によって異なります。例えば、合やオポジションなどのメジャーアスペクトのオーブは、セクスタイルやトラインなどのマイナーアスペクトのオーブよりも狭いです。これは、メジャーアスペクトはマイナーアスペクトよりも重要であると考えられているためです。

オーブは、占星術師によって異なる場合があります。そのため、ある占星術師がアスペクトを重要とみなす一方で、別の占星術師は同じアスペクトを重要とみなさない場合もあります。これは、オーブの幅は主観的なものであり、絶対的なものではないためです。

オーブは、占星術の解釈において重要な役割を果たすことができます。オーブを考慮することで、占星術師はアスペクトの重要性をより正確に測定することができます。これは、より正確な占星術の解釈につながる可能性があります。

タイト (tight)とは?

タイト (tight)とは?

タイト (tight)とは?
タイト (tight)とは、西洋占星術におけるアスペクトの一種で、2つの惑星の間に非常に親密で、互いに影響を及ぼす角度関係のことです。 アスペクトとは、天体の位置関係を表す用語で、惑星同士の角度によって、その関係性や影響力が決まります。タイトは、そのアスペクトの中で最も親密な関係を示すもので、惑星の角度が0度から5度以内にある場合を指します。この角度関係は、惑星同士が強く影響し合い、互いに作用していることを示しています。

タイトなアスペクトは、惑星同士のエネルギーが強く結びつき、互いに影響し合っていることを意味します。この関係は、ポジティブな場合もあれば、ネガティブな場合もあります。ポジティブな場合、タイトなアスペクトは、惑星同士のエネルギーが調和して働き、幸運や成功をもたらす可能性があります。ネガティブな場合、タイトなアスペクトは、惑星同士のエネルギーが衝突し、課題や困難をもたらす可能性があります。

タイトなアスペクトは、占星術において重要な要素であり、惑星の位置関係を理解するために欠かせないものです。 タイトなアスペクトを持つ惑星は、互いに強く影響し合い、その関係性は人生のさまざまな側面に現れる可能性があります。占星術家は、タイトなアスペクトを持つ惑星を分析することで、その人の性格や人生の傾向を判断することができます。

タイトルとURLをコピーしました