アストロロジーとは?知っておきたい占星術に関する用語解説

西洋占星術に関する用語

アストロロジーとは?知っておきたい占星術に関する用語解説

占い大好き

アストロロジー(占星術の英語表記がアストロロジー(astrology)。古典ギリシア語が語源。)について教えてください。

占い研究家

アストロロジーとは、天体の運行や星の位置を分析することで、人間の性格や運勢を占う占星術の一種です。西洋占星術とも呼ばれます。

占い大好き

アストロロジーはいつ頃から始まったのですか?

占い研究家

アストロロジーの起源は古く、古代バビロニア時代まで遡ると言われています。その後、ギリシャやローマに伝わり、ヨーロッパで発展しました。

アストロロジーとは。

アストロロジーは、占星術の英語表記です。この言葉は、古典ギリシア語に由来しています。

アストロロジーの起源と歴史

アストロロジーの起源と歴史

アストロロジーの起源と歴史

アストロロジーは古代から人類の歴史と密接に関わってきました。その起源は紀元前3000年頃までさかのぼり、古代メソポタミア、エジプト、ギリシャなど、さまざまな文明で占星術が発達しました。古代の天文学者は、星の運行と人間の運命との関連性を信じ、星や惑星の動きを観察して、未来を予測したり、人々の性格や運命を占ったりしていました。

古代ギリシャでは、占星術は天文学や哲学と密接に関連しており、アリストテレスやプラトンなどの哲学者も占星術を研究していました。また、ヒッパルコスやプトレマイオスなどの天文学者は、占星術の理論や手法を体系化し、発展させました。

ローマ帝国の時代になると、占星術はさらに普及し、皇帝や貴族の間でも人気を博しました。紀元1世紀のローマの皇帝ティベリウスは、占星術師を宮廷に呼び寄せて、自分の運命を占わせたと言われています。

中世ヨーロッパでは、占星術はキリスト教の影響を受けて衰退しましたが、ルネサンス期になると、再び脚光を浴びるようになりました。16世紀には、占星術師ノストラダムスが、予言書『諸世紀』を著し、その予言が当たると評判になりました。

17世紀以降、科学の発展とともに、占星術は迷信として扱われるようになりましたが、20世紀後半以降、再び占星術への関心が高まり、現在では、世界中で多くの人々が占星術を楽しんでいます。

アストロロジーの基本用語

アストロロジーの基本用語

アストロロジーの基本用語

アストロロジーの基本用語を理解することで、より深くアストロロジーを学ぶことができます。ここでは、アストロロジーの基本用語の中から、特に重要なものをいくつかご紹介します。

ホロスコープとは、ある特定の人物が生まれたときの惑星の配置を表した図のことです。ホロスコープは、その人物の性格や才能、そして人生の傾向を占うために使用されます。

惑星とは、太陽の周りを公転している天体のことで、アストロロジーでは、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星の8つが特に重要視されています。各惑星は、それぞれ異なる意味を持っており、ホロスコープ上の位置によって、その人の性格や人生に影響を与えます。

星座とは、黄道帯を12等分した領域のことで、牡羊座、牡牛座、双子座、蟹座、獅子座、乙女座、天秤座、蠍座、射手座、山羊座、水瓶座、魚座の12の星座があります。各星座は、それぞれ異なる性格や特徴を持っており、その人の生まれ星座は、その人の性格や人生に影響を与えるとされています。

アスペクトとは、ホロスコープ上の惑星や星座の間のアングルや距離のことです。アスペクトは、その人の性格や人生に影響を与えるとされ、特に、合、オポジション、スクエア、トライン、セクスタイルの5つのアスペクトが重要視されます。

アストロロジーの星座

アストロロジーの星座

アストロロジーの星座とは、黄道帯上の12の星座を指し、それぞれが異なる性格や特徴を持っていると考えられています。アストロロジーにおいて、星座は生まれた時期、場所、時刻に基づいて決定され、その人の性格や運命に影響を与えると言われています。12の星座は、それぞれに固有のシンボルと特徴を持っています。例えば、牡羊座は、勇気と行動力を象徴し、牡牛座は、安定性と忍耐力を象徴しています。双子座は、コミュニケーション能力と社交性を象徴し、蟹座は、愛情深さと直観力を象徴しています。獅子座は、リーダーシップと自信を象徴し、乙女座は、勤勉さと完璧主義を象徴しています。天秤座は、調和と美しさを象徴し、蠍座は、情熱と変革を象徴しています。射手座は、楽観主義と冒険心を象徴し、山羊座は、野心と現実主義を象徴しています。水瓶座は、独立心と革新性を象徴し、魚座は、想像力と直観力を象徴しています。

アストロロジーの惑星

アストロロジーの惑星

「アストロロジーの惑星」とは、宇宙における天体の動きから、人間の性格や運勢を占う占星術の一種です。アストロロジーでは、太陽系にある10の天体が重要な意味を持ち、これらの天体の位置や動きによって、人間の性格や運勢が決められると考えられています。

アストロロジーの惑星には、太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星が含まれています。太陽は生命力や意志、月は感情や直感、水星は知性やコミュニケーション、金星は愛や美、火星は情熱や行動力、木星は幸運や豊かさ、土星は試練や制限、天王星は変化や改革、海王星は夢や理想、冥王星は再生や死と転生を表しています。

アストロロジーでは、これらの惑星の位置や動きを分析することで、人間の性格や運勢を占います。例えば、太陽が牡羊座にある人は情熱的でリーダーシップに優れ、金星が天秤座にある人は社交的で魅力的、火星が蠍座にある人は強い意志と情熱を持ち、木星が射手座にある人は楽観的で冒険心旺盛、土星が山羊座にある人は努力家で責任感が強い、といったように、惑星の位置や動きによって、人間の性格や運勢が決められると考えられています。

アストロロジーのハウス

アストロロジーのハウス

アストロロジーのハウス

アストロロジーのハウスとは、天球を12個のセクターに分割したもので、それぞれが人生の異なる側面を表しています。各ハウスは、星や惑星の位置によって支配されており、そのハウスの特性に影響を与えます。

ハウスは、時計回りに1番から12番まで番号が付けられています。1番ハウスはアセンダントと呼ばれ、地平線上で上昇する点です。10番ハウスはミッドヘブンと呼ばれ、天の頂点です。4番ハウスはアイシーと呼ばれ、地平線の下で沈む点です。7番ハウスはディセンダントと呼ばれ、地平線上で沈む点です。

1番ハウスは、自己とアイデンティティを司るハウスです。10番ハウスは、キャリアと社会的地位を司るハウスです。4番ハウスは、家族や家庭を司るハウスです。7番ハウスは、パートナーシップと結婚を司るハウスです。

ハウスは、アストロロジーのチャート解釈において重要な役割を果たします。ハウスの配置によって、個人の性格、才能、潜在的な課題などを知ることができます。

タイトルとURLをコピーしました