西洋占星術用語「ホロスコープの類型」とは何か?

西洋占星術に関する用語

西洋占星術用語「ホロスコープの類型」とは何か?

占い大好き

西洋占星術に関する用語「ホロスコープの類型」について教えてください。

占い研究家

ホロスコープの類型とは、ホロスコープを形状によって分類したものです。この類型を作ったのはサビアンの創始者ジョーンズ氏です。

占い大好き

なるほど、ジョーンズ氏が最初に分類した類型は何ですか?

占い研究家

ジョーンズ氏は最初に7種類の類型を分類しました。その後、ロバート・カール・ジャンスキー氏が1970年代にファン(fan)を加えて8個にしました。

ホロスコープの類型とは。

ホロスコープ類型とは、ホロスコープの形状によって分類したものです。この類型を作ったのはサビアン占星術の創始者、ジョーンズです。彼は最初に7つの類型を分類しましたが、後にロバート・カール・ジャンスキーが1970年代に「ファン」を追加して8つの類型としました。

ホロスコープの類型とは?

ホロスコープの類型とは?

– ホロスコープの類型とは?

ホロスコープの類型とは、西洋占星術において、個人の出生図を12星座の配置に基づいて分類したものです。12 星座の配置は、太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星の10個の惑星の位置と、12星座の12個のサインの位置を組み合わせたものです。ホロスコープの類型は、個人の性格、才能、人生の傾向などを表すと考えられています。

ホロスコープの類型は、一般的に12種類に分類されます。牡羊座の類型、牡牛座の類型、双子座の類型、蟹座の類型、獅子座の類型、乙女座の類型、天秤座の類型、蠍座の類型、射手座の類型、山羊座の類型、水瓶座の類型、魚座の類型です。各タイプは、それぞれの星座の性質を反映していると考えられています。例えば、牡羊座の類型は、勇敢で行動力があり、牡牛座の類型は、我慢強く粘り強く、双子座の類型は、知的でコミュニケーション能力が高い、などです。

ホロスコープの類型は、個人の性格や才能を理解するためのツールとして使用されます。また、人生の傾向を知るためにも使用されます。ホロスコープの類型は、必ずしも正確ではありませんが、人生をより深く理解するためのヒントを与えてくれる可能性があります。

始まりは7種類だった

始まりは7種類だった

ホロスコープの類型とは何か?ホロスコープは、生まれたときの日時と場所から作成され、その人の性格や運命を予測するために使われる図です。ホロスコープは、12の星座、10の惑星、12のハウスで構成されています。それぞれが、その人の性格や運命に影響を与えると言われています。

始まりは7種類だったホロスコープの類型は、もともと7種類ありました。それぞれ、牡羊座、牡牛座、双子座、蟹座、獅子座、乙女座、天秤座です。これは、古代ギリシャの天文学者であるプトレマイオスが、人間には7つの基本的な性格があると信じていたことに由来しています。しかし、その後、天文学者によってさらに多くの星座が発見され、ホロスコープの類型も増えていきました。現在では、12の星座すべてに対応した12種類のホロスコープの類型があります。

誰がホロスコープの類型を考案した?

誰がホロスコープの類型を考案した?

ホロスコープの類型を発展させたのは、イギリスの占星術師ルイス・エドマンド・ジョーンズである。ジョーンズは若い頃から占星術に興味を持ち、占星術の知識を深めるために様々な書籍を読破した。また、占星術師としての経験を積むために、多くの人々のホロスコープを作成した。

ジョーンズは、ホロスコープを作成する際に、ホロスコープの形状に注目した。彼は、ホロスコープの形状が、その人の性格や人生の傾向を表しているのではないかと考えた。そして、ホロスコープの形状を分類することで、その人の性格や人生の傾向をより正確に予測できるのではないかと考えた。

ジョーンズは、ホロスコープの形状を分類するために、様々な基準を用いた。その基準とは、ホロスコープの頂点にある星座、ホロスコープの底辺にある星座、ホロスコープの左右の端にある星座などである。ジョーンズは、これらの基準を用いて、ホロスコープを12のタイプに分類した。

ジョーンズが考案したホロスコープの類型は、占星術師の間で広く受け入れられるようになった。そして、ホロスコープを作成する際に、ホロスコープの類型を考慮することが一般的になった。ホロスコープの類型は、その人の性格や人生の傾向をより正確に予測するために使用されている。

8種類に増えたホロスコープの類型

8種類に増えたホロスコープの類型

8種類に増えたホロスコープの類型

ホロスコープの類型は、天体の位置とアスペクトに基づいて、人々を8つのグループに分類したものです。この類型は、古代ギリシャの天文学者プトレマイオスによって考案され、中世以降、西洋占星術で広く使用されてきました。

伝統的なホロスコープの類型は、4つの要素(火、地、風、水)と3つのモード(活動宮、不動宮、柔軟宮)の組み合わせで構成されています。これにより、12種類のホロスコープの類型が生まれましたが、現代の西洋占星術では、さらに2つの類型(アセンダント型、ディセンダント型)を追加して、合計8種類の類型として分類するようになりました。

8種類の類型は、それぞれに固有の特徴と傾向があります。例えば、活動宮の類型は、行動的で、積極的な傾向があり、不動宮の類型は、安定志向で、保守的な傾向があると言われています。また、火の要素の類型は、情熱的で、衝動的な傾向があり、地の要素の類型は、現実的で、慎重な傾向があると言われています。

ホロスコープの類型は、個人の性格や才能、人生の傾向を理解するのに役立ちます。また、人間関係の相性や、適職を見つけるのにも役立つと言われています。

ホロスコープの類型を考察することで分かること

ホロスコープの類型を考察することで分かること

ホロスコープの類型を考察することで分かること

ホロスコープの類型を考察することは、人間の多様性と共通性を理解するのに役立ちます。ホロスコープは、出生時に天体が占めている位置を図示したもので、その人の性格や運命を占うために使用されます。ホロスコープの類型を考察することで、人間の性格や運命に共通するパターンを見出すことができます。これは、人間の多様性と共通性を理解するのに役立ちます。

また、ホロスコープの類型を考察することで、人間の性格や運命を予測することもできます。ホロスコープは、その人の性格や運命を占うために使用されます。ホロスコープの類型を考察することで、その人の性格や運命に共通するパターンを見出すことができます。これは、その人の性格や運命を予測するのに役立ちます。

さらに、ホロスコープの類型を考察することで、人間の性格や運命を改善することもできます。ホロスコープは、その人の性格や運命を占うために使用されます。ホロスコープの類型を考察することで、その人の性格や運命に共通するパターンを見出すことができます。これは、その人の性格や運命を改善するのに役立ちます。

タイトルとURLをコピーしました