西洋占星術の用語「四区分」って?

西洋占星術に関する用語

西洋占星術の用語「四区分」って?

占い大好き

先生、西洋占星術の用語「四区分」について教えて下さい。

占い研究家

「四区分」とは、古代ギリシア哲学の元素(エレメント)に基づいて考えられた、12サインの分類方法のことです。「火」「地」「風」「水」の四つの種類に区分されます。

占い大好き

12星座がそれぞれどの元素に属するのかを教えて下さい。

占い研究家

「火」のエレメントの星座には牡羊座・獅子座・射手座、「地」のエレメントの星座には牡牛座・乙女座・山羊座、「風」のエレメントの星座には双子座・天秤座・水瓶座、「水」のエレメントの星座には蟹座・蠍座・魚座が当てはまります。

四区分とは。

四区分とは、古代ギリシャ哲学の元素(エレメント)に基づいて、12星座を分類した方法のことです。火・地・風・水の四つに分かれています。火のエレメントの星座には牡羊座・獅子座・射手座、地のエレメントの星座には牡牛座・乙女座・山羊座、風のエレメントの星座には双子座・天秤座・水瓶座、水のエレメントの星座には蟹座・蠍座・魚座が当てはまります。

四区分とは何か?

四区分とは何か?

西洋占星術における「四区分」とは、星座を性質や属性によって分類したグループのことをいいます。四区分は、春分点、夏至点、秋分点、冬至点という一年を4等分する点から導き出され、占星術の解釈において重要な要素の一つとなっています。

四区分は、12星座をそれぞれ3つずつグループ分けしたもので、4つの区分のグループを「活動宮」「不動宮」「柔軟宮」「感受宮」と呼びます。

活動宮は、牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座であり、始まりや行動的な性質を象徴しています。
不動宮は、牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座であり、安定性や不変的な性質を象徴しています。
柔軟宮は、双子座、乙女座、射手座、魚座であり、適応性や柔軟な性質を象徴しています。
感受宮は、蟹座、蠍座、魚座であり、感情や感受性を象徴しています。

四区分とギリシアの元素との関連

四区分とギリシアの元素との関連

四区分とギリシアの元素との関連

西洋占星術の用語「四区分」は、黄道帯を4つのグループに分けたものです。そのグループとは、火、地、風、水です。これらのグループは、それぞれに固有の性質や特徴を持っています。

火のグループは、情熱、行動力、勇気を象徴します。このグループには、牡羊座、獅子座、射手座が含まれます。

地のグループは、現実性、安定性、忍耐力を象徴します。このグループには、牡牛座、乙女座、山羊座が含まれます。

風のグループは、コミュニケーション、知性、ユーモアを象徴します。このグループには、双子座、天秤座、水瓶座が含まれます。

水のグループは、感情、直感、共感を象徴します。このグループには、蟹座、蠍座、魚座が含まれます。

四区分とギリシアの元素との関連は、占星術において重要な役割を果たしています。占星術師は、これらの関連性を利用して、人の性格や運命を占います。

四区分のサイン一覧

四区分のサイン一覧

西洋占星術の用語である「四区分」とは、12星座を4つのグループに分類したものです。それぞれのグループは、エレメントとモードの2つの特性によって決定されます。

エレメントとは、火、地、風、水の4つの元素のことです。火の星座は、情熱的でエネルギッシュな傾向があります。地の星座は、現実的で安定した傾向があります。風の星座は、知的で好奇心旺盛な傾向があります。水の星座は、感情的で直感的な傾向があります。

モードとは、活動、不動、柔軟の3つの状態のことです。活動の星座は、リーダーシップがあり、行動的です。不動の星座は、忍耐強く、安定しています。柔軟の星座は、適応性があり、柔軟性があります。

四区分のサイン一覧は以下の通りです。

* -火の活動- 牡羊座、獅子座、射手座
* -火の不動- 牡牛座、乙女座、山羊座
* -火の柔軟- 双子座、天秤座、水瓶座
* -水の活動- 蟹座、蠍座、魚座
* -水の不動- 獅子座、射手座、牡羊座
* -水の柔軟- 乙女座、山羊座、牡牛座
* -風の活動- 天秤座、水瓶座、双子座
* -風の不動- 蠍座、魚座、蟹座
* -風の柔軟- 射手座、牡羊座、獅子座
* -地の活動- 山羊座、牡牛座、乙女座
* -地の不動- 水瓶座、双子座、天秤座
* -地の柔軟- 魚座、蟹座、蠍座

四区分の特徴

四区分の特徴

四区分の特徴

四区分は、ホロスコープを4つのセクター、すなわち牡羊座、天秤座、蟹座、山羊座からなる枢機宮、金牛座、蠍座、獅子座、水瓶座からなる不動宮、双子座、射手座、乙女座、魚座からなる柔軟宮、に分割することによって形成されます。 各宮は、要素(火、地、風、水)と性質(活動宮、不動宮、柔軟宮)によって区別されます。

枢機宮は、活動的な性質を持っており、新しい始まりや行動を象徴しています。不動宮は、安定した性質を持っており、維持と持続を象徴しています。柔軟宮は、適応性のある性質を持っており、変化と多様性を象徴しています。

四区分は、個人の性格や行動を理解するための重要なツールです。枢機宮にある惑星は、リーダーシップや決断力を示し、不動宮にある惑星は、安定性と集中力を示し、柔軟宮にある惑星は、適応性と多様性を示します。

四区分は、人生のさまざまな側面を理解するためにも使用できます。枢機宮のハウスは、新しい始まりや冒険を象徴し、不動宮のハウスは、安定性とセキュリティを象徴し、柔軟宮のハウスは、変化と多様性を象徴します。

四区分は、西洋占星術において重要な役割を果たしており、個人の性格や行動、人生のさまざまな側面を理解するための貴重なツールです。

四区分と相性

四区分と相性

四区分と相性

西洋占星術の「四区分」とは、火のエレメント(牡羊座、獅子座、射手座)、地のエレメント(牡牛座、乙女座、山羊座)、風のエレメント(双子座、天秤座、水瓶座)、水のエレメント(蟹座、蠍座、魚座)の4つのグループのことを指しています。それぞれのエレメントは、異なる性質を持ち、相性にも影響を及ぼします。

火のエレメントは、熱意、行動力、リーダーシップを象徴しています。地のエレメントは、現実主義、実用性、安全性を象徴しています。風のエレメントは、知性、コミュニケーション能力、自由を象徴しています。水のエレメントは、感情、直感、慈悲を象徴しています。

火と風のエレメントは、一般的に相性が良いとされています。火のエレメントの熱意と行動力は、風のエレメントの知性とコミュニケーション能力を補完し、お互いに刺激し合うことができるからです。

火と水のエレメントは、一般的に相性が悪いとされています。火のエレメントの熱意と行動力は、水のエレメントの感情と直感を圧倒しがちで、衝突しやすいからです。

地と風のエレメントは、一般的に相性が良いとされています。地のエレメントの現実主義と実用性は、風のエレメントの知性とコミュニケーション能力を補完し、お互いに支え合うことができるからです。

地と水のエレメントは、一般的に相性が悪いとされています。地のエレメントの現実主義と実用性は、水のエレメントの感情と直感を軽視しがちで、衝突しやすいからです。

タイトルとURLをコピーしました