九星気学の基礎知識

九星気学に関する用語

九星気学の基礎知識

占い大好き

九星気学ってなんですか?年、月、日、時、方位を表す九星をメインに判断する占術だと聞きました。

占い研究家

そうです。九星気学は、九星術を基にして明治42年に園田真次郎がまとめたものです。

占い大好き

どんな目的で使われるんですか?

占い研究家

方位の吉凶を知るために使われることが多いです。家やオフィスの場所を選んだり、旅行先を決めたりする際に活用されます。

九星気学とは。

九星気学は、年、月、日、時、方位などをあらわす九星を中心に判断する占術です。九星術を基に、明治42年に園田真次郎氏がまとめました。方位の吉凶を知り、暦の選び方につかうことが多いです。「気学」と略して呼ばれることもあります。

九星気学とは

九星気学とは

九星気学とは、古代中国から伝わった占いの一種で、九つの星(一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星)とその方位、五行(木、火、土、金、水)との関係を利用して、運勢や吉凶を判断するものです。九星気学は、古くから中国の皇帝や将軍たちに利用され、現在でも世界中で多くの人に親しまれています。

九星気学の基礎は、九つの星と方位、五行の関係です。九つの星は、それぞれ異なる方位を持ち、その方位と五行は密接に関連しています。例えば、一白水星は北の方位を持ち、五行は水です。二黒土星は東北の方位を持ち、五行は土です。三碧木星は東方の方位を持ち、五行は木です。

九星気学では、九つの星と方位、五行の関係を利用して、運勢や吉凶を判断します。例えば、一白水星が北の方位に位置している年は、水に関する運勢が良くなることが期待できます。二黒土星が東北の方位に位置している年は、土に関する運勢が良くなることが期待できます。三碧木星が東方の方位に位置している年は、木に関する運勢が良くなることが期待できます。

九星気学の盤面

九星気学の盤面

九星気学の盤面
九星気学では、時間や方角、方位を九種類の星で表します。この九つの星を「九星」と呼び、それぞれに固有の意味や性質があります。九星は、中宮を中心に東西南北に配置される盤面で表され、この盤面を「九星盤」と呼びます。

九星盤は、中央に「中宮」という位置があり、その周囲を「四隅」と「四辺」に分けて構成されています。中宮は、その年の「本命星」が位置する場所であり、四隅は「四神」と呼ばれる四つの星が位置する場所です。四辺は、年運や月運、日運を表す「九曜星」が位置する場所です。

九星盤の中央にある中宮は、その年の「本命星」が位置する場所であり、その年の運勢を占う上で重要な場所です。四隅は、年運や月運、日運を表す「九曜星」が位置する場所であり、その日の運勢を占う上で重要な場所です。九星盤は、九星気学の占いに欠かせないツールであり、九星気学を学ぶ上では、九星盤の構造と配置をしっかり理解しておくことが大切です。

九星気学の基本的な考え方

九星気学の基本的な考え方

九星気学の基本的な考え方

九星気学は、九つの星を基に、人の運命や吉凶を占う占術です。九つの星には、それぞれ固有の性質があり、その性質によって人の性格や運勢が決まると考えられています。九星気学の基本的な考え方は、以下の通りです。

* 九つの星は、東西南北の四方位と、中央の五方位に位置しています。
* 九つの星には、それぞれ固有の性質があり、その性質によって人の性格や運勢が決まると考えられています。
* 九つの星は、常に一定の順序で巡っており、その巡りによって人の運勢も変化すると考えられています。

九星気学の基本的な考え方を知ることによって、自分の運勢を知り、吉凶を判断することができます。九星気学は、人生の指針として役立てることができる占術です。

九星気学の活用方法

九星気学の活用方法

九星気学の活用方法はさまざまですが、主に方位学家相学姓名判断の3つがあります。方位学は、方角によって運勢が変化するという考え方で、引っ越しや旅行の際に吉方位を選ぶのに使用されます。家相学は、建物の構造や 間取りによって運勢が変化するという考え方で、家を建てる際や引っ越す際に吉相の家を選ぶのに使用されます。姓名判断は、名前の画数によって運勢を判断するもので、子どもの名付けや改名をする際に吉相の名前を選ぶのに使用されます。

九星気学の活用方法は、人によって異なります。例えば、引っ越しが多い人は方位学を重視するかもしれませんし、家を建てようとしている人は家相学を重視するかもしれません。また、姓名判断は、子どもの名付けや改名をする際に使用されることが多いです。

九星気学は、人生をより良くするために活用できるツールです。しかし、九星気学を盲信しすぎず、自分の判断を大切にすることが重要です。

タイトルとURLをコピーしました