傾斜法・本命星・月命星・傾斜宮を理解する

九星気学に関する用語

傾斜法・本命星・月命星・傾斜宮を理解する

占い大好き

「傾斜法」ってなんですか。

占い研究家

「傾斜法」は、生まれた年の九星と、生まれた月の盤の宮の場所を考慮して、その人の運命や運勢を判断する方法です。生まれた年の九星が、生まれた月の盤のどの宮に入っているかで、その人がどのような運命や運勢を持っているかがわかります。

占い大好き

「傾斜法」は、「本命星」や「月命星」や「傾斜宮」が三位一体のように考えて判断されることがあるんですか。

占い研究家

はい、その通りです。「本命星」は、その人の生まれ持った性格や運命を示し、「月命星」は、その人が生まれた月の運勢を示します。「傾斜宮」は、その人が生まれ持った性格や運命と、生まれた月の運勢が交わるポイントを示します。この3つの星を総合的に判断することで、その人の運命や運勢をより詳しく知ることができます。

傾斜法とは。

傾斜法とは、生まれた年の九星(本命星)が、生まれた月の十二支の盤のどの方角(宮)に入っているかで判断する方法です。この方法で位置する場所を「傾斜宮」と呼びます。「本命星」「月命星」「傾斜宮」は、3つが一体となって判断される場合があります。

傾斜法とは

傾斜法とは

傾斜法とは、九星気学において、その年の【月命星】から見て、その年の【年運の本命星】の方位を見ることで、その年の吉方位・凶方位を占う方法です。

【傾斜法】は、【本命星】と【年運の本命星】を軸にして、その年の吉方位と凶方位を占うことができる、九星気学の基本的な占い方法の一つです。

【傾斜法】は、その年の【月命星】から見て、その年の【年運の本命星】の方位を見ることで、その年の吉方位・凶方位を占う方法です。

【傾斜法】は、その年の運勢を占う方法として、古くから使われてきた方法です。

本命星と月命星

本命星と月命星

本命星とは、誕生日から導き出されるもので、その人の基本的な性格や才能を表しています。一方、月命星とは、生まれた月の満ち欠けから導き出されるもので、その人の感情や内面を表しています。

本命星と月命星は、どちらもその人の性格や運命に大きな影響を与えます。本命星がその人の基本的な性格や才能を表しているのに対し、月命星は、その人の感情や内面、さらにはその人の恋愛傾向や結婚生活なども表しています。

そのため、本命星と月命星を組み合わせることで、その人の性格や運命をより深く理解することができます。例えば、本命星が「金星」で、月命星が「火星」の人は、情熱的でエネルギッシュな性格である傾向があります。また、本命星が「木星」で、月命星が「水星」の人は、知性的でコミュニケーション能力が高い傾向があります。

このように、本命星と月命星を組み合わせることで、その人の性格や運命をより深く理解することができます。

傾斜宮とは

傾斜宮とは

傾斜宮とは傾斜法とは、生年月日から東四命、西四命、中四命のいずれに属するかを判定し、各グループの運勢を占う方法です。東四命、西四命、中四命をそれぞれ本命星と呼びます。

傾斜宮とは、本命星とは別に、月命星から導き出される運勢判断の指標のことです。月命星とは、生年月日をもとに12個の星から導き出されるもので、本命星とは異なる運勢を司ると考えられています。

傾斜宮は、本命星と月命星の関係性によって決まり、それぞれに異なる意味を持ちます。傾斜宮を知ることで、本命星の運勢にどのような影響が及ぶのかを知ることができ、より詳細な運勢判断が可能となります。

傾斜宮は、本命星と月命星の関係性によって、以下の4つに分類されます。

東傾斜本命星が東四命、月命星が西四命の場合
西傾斜本命星が西四命、月命星が東四命の場合
南傾斜本命星と月命星がどちらも東四命の場合
北傾斜本命星と月命星がどちらも西四命の場合

各傾斜宮の意味は以下の通りです。

東傾斜社交的で活発な性格。人当たりがよく、人脈を築くのが得意です。
西傾斜真面目で慎重な性格。コツコツと努力を積み重ねるタイプです。
南傾斜明るく楽天的な性格。物事を前向きに捉えることができます。
北傾斜冷静で知的な性格。分析力に優れており、物事の本質を見抜くことができます。

傾斜宮を知ることで、本命星の運勢にどのような影響が及ぶのかを知ることができ、より詳細な運勢判断が可能となります。

三位一体の考え方

三位一体の考え方

三位一体の考え方

傾斜法において、本命星・月命星・傾斜宮は三位一体の考え方で捉えられています。本命星は、その人の生まれ持った性格や才能を示し、月命星は、その人の現在の運勢や状況を示します。傾斜宮は、その人が傾斜している方向や、人生の目標を示します。

この三つの要素を組み合わせることで、その人の性格や才能、現在の運勢や状況、人生の目標などを総合的に判断することができます。例えば、本命星が「禄存星」で、月命星が「破軍星」、傾斜宮が「遷移宮」の場合、その人は、大らかで人当たりが良く、社交的な性格ですが、気が変わりやすく、落ち着きがない傾向があります。また、現在の運勢は、波乱万丈で、変化の多い状況にあります。人生の目標は、新しいことにチャレンジしたり、海外で活躍したりすることです。

使い道と方法

使い道と方法

傾斜法、本命星、月命星、傾斜宮は、算命学において重要な概念です。使い道と方法は以下の通りです。

-傾斜法-

傾斜法は、運命を12の段階に分けて考える方法です。
各段階は、その人の性格や運勢を左右すると言われています。

傾斜法は、生年月日から自分の傾斜宮を割り出すことができます。
傾斜宮は、その人が最も影響を受ける宮です。

傾斜宮は、その人の性格や運勢を左右すると言われています。
また、その人がどのような人生を送るべきかを示唆しているとも言われています。

-本命星-

本命星は、その人の性格や運勢を左右すると言われています。
本命星は、生年月日から割り出すことができます。

本命星は、12種類あります。
各本命星には、それぞれ特徴があります。

本命星を知ることで、その人の性格や運勢をより深く知ることができます。
また、その人がどのような人生を送るべきかを示唆しているとも言われています。

-月命星-

月命星は、その人の性格や運勢を左右すると言われています。
月命星は、生年月日から割り出すことができます。

月命星は、12種類あります。
各月命星には、それぞれ特徴があります。

月命星を知ることで、その人の性格や運勢をより深く知ることができます。
また、その人がどのような人生を送るべきかを示唆しているとも言われています。

-傾斜宮-

傾斜宮は、その人が最も影響を受ける宮です。
傾斜宮は、生年月日から割り出すことができます。

傾斜宮は、12種類あります。
各傾斜宮には、それぞれ特徴があります。

傾斜宮を知ることで、その人の性格や運勢をより深く知ることができます。
また、その人がどのような人生を送るべきかを示唆しているとも言われています。

タイトルとURLをコピーしました