九星気学における陽局について

九星気学に関する用語

九星気学における陽局について

占い大好き

先生、九星気学に関することが分からないのですが、説明してもらえませんか?

占い研究家

九星気学は、古代中国の陰陽五行思想を基にした占術の一つです。九つの星をそれぞれの方位に配し、その星が持つ力を利用して、運勢を判断するものです。

占い大好き

九星気学の用語で「陽局」って何ですか?

占い研究家

「陽局」とは、一年の中で冬至から夏至までの期間を指します。この期間は、「陽遁」と呼ばれており、九星は一定に変化していきます。一方、夏至から冬至までの期間は「陰遁」と呼ばれており、九星は反対の順序で変化していきます。

陽局とは。

陽局とは、「陽遁」期間中の日数を数えたものです。1年は、冬至から夏至までの「陽遁」期間と、夏至から冬至までの「陰遁」期間に分かれています。年や月は九星で表され、これは常に一定に変化していきますが、日や時間は「陰・陽遁」で巡り方が反対になります。

陽局とは

陽局とは

<;">タグで「九星気学における陽局について」の段落の中で陽局の「九星気学において、陽局九星気学において、陽局とは星の九星気学において、陽局とは星の局気運気の九星気学において、陽局とは星の局気の…>九星気学において、陽局とは星の局気運気の<...>星の運勢が<...>星の運勢が<...>星の運勢が<...>星の運勢が<...>星の運勢が<...>星の運勢が<...>星の運勢が<...>星の運勢が<...>陽局の星の運勢が<...>

陽遁と陰遁

陽遁と陰遁

陽遁と陰遁

九星気学では、陽局と陰局の二種類があります。陽局は、九星気学の九つの星の中で、一白、二黒、三碧、四緑、六白、七赤、九紫の七つの星が中心となる気の流れです。一方、陰局は、五黄と八白の二つの星が中心となる気の流れです。陽遁と陰遁は、気の流れの方向が異なるため、吉凶の判断基準も異なります。陽遁は、東から西へ流れる気の流れであり、吉凶の判断基準は「東方吉、西方凶」です。一方、陰遁は、西から東へ流れる気の流れであり、吉凶の判断基準は「西方吉、東方凶」です。

九星の巡り方

九星の巡り方

九星気学における陽局とは、東から巡り始め、北で終わる星の巡り方を言います。 九星気学では、九つの星が順番に巡り、それぞれの方位を司ると考えられています。陽局の場合、九つの星は東から始まり、北で終わるように巡ります。

九星気学では、九つの星はそれぞれに異なる性質を持っています。例えば、一白水星は知性とコミュニケーションを司り、二黒土星は財運と不動産を司り、三碧木星は活発さと行動力を司ります。

九星気学では、九つの星が巡ることで、運勢が変化すると考えられています。陽局の場合、九つの星は東から始まり、北で終わるように巡りますので、運勢も東から始まり、北で終わるように変化すると考えられています。

陽局は、一般的に運勢が上昇する時期とされています。これは、九つの星が東から始まり、北で終わるように巡ることで、運勢が上昇していくと考えられているからです。陽局の時期には、新しいことに挑戦したり、新しい人間関係を築いたりすることが良いとされています。

ただし、陽局の時期には、運勢が下降する月もあります。これは、九つの星が北で終わることで、運勢が下降していくと考えられているからです。陽局の時期に運勢が下降する月には、慎重に行動することが大切です。

日・時と九星

日・時と九星

九星気学における陽局について

日・時と九星

九星気学では、日時の九星を割り出すことで、その日の吉凶を判断することができます。日時の九星は、生まれた年月日と、その日の干支から割り出します。

日時の九星が陽局の場合は、その日は吉日とされます。陽局とは、九星のうち、一白水星、三碧木星、四緑木星、六白金星のいずれかが中宮にある状態を指します。

陽局の日は、物事を始めるのに適した日とされており、結婚、引っ越し、開業など、人生の重要なイベントを行うのに適しています。また、陽局の日は、旅行やレジャーに出かけるのにも適しています。

一方、日時の九星が陰局の場合は、その日は凶日とされます。陰局とは、九星のうち、二黒土星、五黄土星、七赤金星、八白土星のいずれかが中宮にある状態を指します。

陰局の日は、物事を始めるのに適さない日とされており、結婚、引っ越し、開業など、人生の重要なイベントを行うのは避けた方がよいとされています。また、陰局の日は、旅行やレジャーに出かけるのにも適しません。

ただし、陰局であっても、吉方位に移動したり、吉方角に旅行したりすることで、吉凶を転換することができます。

陽局と九星の活用

陽局と九星の活用

-# 陽局と九星の活用

九星気学において、陽局は「陽」の気が強い時期を指します。この期間は、物事が動きやすく、新しいことに挑戦しやすい時期です。また、情熱やパワーが湧きやすいため、積極的に行動することで運気アップが期待できます。

九星気学で、陽局に有効な九星は、一白水星、三碧木星、四緑木星、六白金星、七赤金星、八白土星です。これらの九星は、陽局のエネルギーを活かして、運気アップを図ることができます。

一白水星は、創造性や直感力が優れているので、新しいアイデアを思いつきやすくなります。三碧木星は、行動力や決断力に優れているので、新しいことに挑戦しやすい時期となります。四緑木星は、コミュニケーション能力に優れているので、人との交流が深まりやすくなります。

六白金星は、金運や財運に優れているので、お金に関する運気がアップします。七赤金星は、恋愛運や結婚運に優れているので、恋愛や結婚に関する運気がアップします。八白土星は、不動産運や引っ越し運に優れているので、不動産を購入したり、引っ越しをしたりするのに適した時期となります。

陽局の期間は、物事が動きやすく、新しいことに挑戦しやすい時期です。この期間に、九星を活用することで、運気アップを図ることができます。

タイトルとURLをコピーしました