カバラとは何か?その意味と歴史について解説

その他の用語

カバラとは何か?その意味と歴史について解説

占い大好き

カバラについて教えてください

占い研究家

カバラとは、ユダヤ教に基づいた創造論、終末論、メシア論を伴う神秘主義思想、もしくは神秘主義思想も持つ宗教結社そのものを指す用語です

占い大好き

セフィロトの樹(生命の樹)って何ですか?

占い研究家

セフィロトの樹は、カバラ思想の重要な概念のひとつで、世界の創造過程を象徴する図です。10個の球体(セフィロト)と22本の経線(パス)で構成されており、宇宙の構造や神の属性を表しているとされています

カバラとは。

カバラとは、ユダヤ教の教えを基に創造論、終末論、メシア論を説く神秘主義思想のことです。また、カバラ思想に基づいた宗教団体も存在します。カバラ思想は、世界の創造過程を象徴する「セフィロトの樹(生命の樹)」が有名です。また、薔薇十字団やフリーメーソンなどの秘密結社にも大きな影響を与えたと考えられています。

カバラとは?

カバラとは?

カバラとは何か?その意味と歴史について解説

カバラは、ユダヤ教の神秘的な教えです。それは、神聖なテキスト、特にトーラー(ヘブライ語聖書)とタルムード(ユダヤ教法典)の隠された意味を明らかにすることを目的としています。カバラには、宇宙の構造、神の性質、人間の状態など、さまざまなトピックについて広大なテーマがあります。また、瞑想、祈りと呪文、 タリスマン作りなどの様々な実践を含む複雑なシステムでもあります。

カバラの起源は古代にさかのぼります。紀元前2世紀、ユダヤの教師であり学者は、トーラーの隠された意味を探求し始めました。彼らは、世界の創造と破壊、神の性質、人間の魂の運命などについて書かれた神秘的なテキストを書き始めました。これらのテキストは、カバラの最初の作品として知られており、今日まで研究され続けています。

中世には、カバラはユダヤ教の重要な部分になりました。多くのユダヤ人が、カバラの教えはユダヤ教の伝統的な教えを深化させ、より完全なものにするものであると信じました。その結果、カバラはユダヤ人の思想家や神秘家によって広く研究されました。最も有名なカバリストの中には、モーセ・デ・レオン、イサク・ルリア、ハイム・ヴィタルらがいます。

16世紀後半、カバラはキリスト教徒の間でも人気になりました。多くのキリスト教徒は、カバラの教えがキリスト教の伝統的な教えを深化させ、より完全なものにするものであると信じました。その結果、カバラはキリスト教の思想家や神秘家によって広く研究されました。最も有名なカバリストの中には、ピコ・デラ・ミランドラ、ヨハネス・ロイヒリン、アグリッパ・フォン・ネッテスハイムらがいます。

カバラは、今日でもユダヤ教とキリスト教の両方で研究と実践されています。それは、宇宙の性質、神の性質、人間の状態などについてより深い理解を求める人々にとって、魅力的なトピックです。

カバラの歴史

カバラの歴史

カバラの歴史は、西暦1世紀にまで遡ることができます。 ユダヤ教の神秘主義者らは、ヘブライ語聖書を深く研究し、その秘められた意味を探ろうとしました。彼らは、字の組み合わせや数値、幾何学的な図形など、聖書のあらゆる要素に隠された意味があると信じ、それらの要素を使って宇宙の構造、神の性質、人間の存在の謎を解こうとしました。

カバラは、ユダヤ教徒だけでなく、キリスト教徒やイスラム教徒にも多大な影響を与えました。キリスト教の神秘主義者らは、カバラを使ってイエス・キリストの教えをより深く理解しようとしました。イスラム教の神秘主義者らは、カバラを使って、アッラーと宇宙の関係を理解しようとしました。

中世になると、カバラはさらに発展し、体系化されました。 12世紀に活躍したユダヤ教神秘家モーゼス・デ・レオンは、『ゾハル』というカバラの最重要文献を著しました。ゾハルは、宇宙の構造や神の性質、人間の存在の謎について、詳細に解説しています。

ゾハルの出版以降、カバラはユダヤ教徒の間で急速に広まりました。16世紀になると、カバラは、キリスト教徒やイスラム教徒にも知られるようになり、大きな影響を与えました。カバラは、現代に至るまで、多くの芸術家や思想家、科学者に影響を与えています。

カバラの思想

カバラの思想

カバラの思想とは、ユダヤ教の神秘主義的な思想体系のことであり、主に12世紀から13世紀にかけてスペインと南フランスで発展しました。カバラの語源は「受け取る」という意味のヘブライ語「カッバラー」であり、これは神から啓示を受けるという意味です。

カバラの思想は、ユダヤ教の聖典である「トーラー」の隠された意味を解明しようとするもので、主にセフィロトと呼ばれる10の球体と22の経路4つの世界によって構成されています。

セフィロトは、神の属性や顕現を表しており、「王冠」「知恵」「理解」「慈悲」「勇気」「美しさ」「勝利」「栄光」「基礎」「王国」の10個の球体で構成されています。22の経路は、セフィロトの間のつながりを表しており、4つの世界は、アツィルトート(世界)、ブリヤー(創造)、イェツィラー(形成)、アシヤー(行動)と呼ばれています。

カバラの思想は、ユダヤ教の神秘主義的な思想体系であり、主に12世紀から13世紀にかけてスペインと南フランスで発展しました。カバラの思想は、ユダヤ教の聖典である「トーラー」の隠された意味を解明しようとするもので、主にセフィロトと呼ばれる10の球体と22の経路、4つの世界によって構成されています。

カバラの神秘主義

カバラの神秘主義

カバラの神秘主義は、カバラの重要な側面であり、スピリチュアルな真理を探求し、より高い精神状態を体験することを目的とする。カバラの神秘主義は、神と人との関係、宇宙の構造、霊魂の性質など、様々なテーマを扱っている。

カバラの神秘主義は、古代のヘブライの神秘主義と、ギリシャ哲学、グノーシス主義、ヘルメス主義などの他の神秘主義の影響を受けている。カバラの神秘主義者は、聖書を霊的に解釈し、その中に隠された意味を探そうとした。また、瞑想、祈禱、断食などの実践を通して、より高い精神状態を体験しようとした。

カバラの神秘主義は、ユダヤ教の中で重要な役割を果たしており、多くのユダヤ人の思想や信仰に影響を与えてきた。また、キリスト教やイスラム教などの他の宗教にも影響を与えており、西欧の思想文化に大きな影響を与えてきた。

カバラの影響

カバラの影響

カバラの影響は幅広く、ユダヤ教の神学だけでなく、キリスト教やイスラム教の神学にも影響を与えました。また、多くの神秘主義者や思想家に影響を与え、彼らの思想や著作に反映されています。例えば、キリスト教の神秘主義者であるマイステル・エックハルトやヤコブ・ベーメ、イスラム教の神秘主義者であるイブン・アラビーやスーフィー教団の思想家の多くは、カバラの影響を受けています。また、近代の思想家であるフリードリヒ・ニーチェやマルティン・ハイデガーも、カバラの影響を受けています。

カバラの影響は、神秘主義の分野にとどまらず、芸術や文学の分野にも及んでいます。例えば、ルネサンス期の芸術家であるミケランジェロやレオナルド・ダ・ヴィンチは、カバラの影響を受けた作品を残しています。また、ロマン派の詩人であるウィリアム・ブレイクやサミュエル・テイラー・コールリッジも、カバラの影響を受けています。

カバラの影響は、今もなお続いており、現代の芸術家や思想家にも影響を与えています。例えば、現代美術家のジョセフ・ボーイズやアニッシュ・カプーア、思想家のジャック・デリダやポール・ヴィリリオは、カバラの影響を受けています。

タイトルとURLをコピーしました