「み」

スポンサーリンク
西洋占星術に関する用語

西洋占星術用語のミュータブルとは_

柔軟星座の4要素 柔軟星座は、4つの要素(火、地、風、水)すべてに当てはまります。これは、柔軟星座の人々が適応力があり、変化を受け入れやすいことを意味しています。柔軟星座の人は、新しい状況にすぐに適応することができ、変化を恐れません。また、柔軟星座の人々は、他者と協力するのが得意で、チームワークを重んじます。たとえ困難な状況に陥っても、柔軟星座の人々は決してあきらめずに、粘り強く努力していきます。柔軟星座の人は、常に新しいことを学び、新しい経験を積むことを好みます。また、柔軟星座の人は、好奇心旺盛で、新しい世界を探求することを楽しみにしています。
西洋占星術に関する用語

西洋占星術における水のエレメント

西洋占星術において、「水のエレメント」は、12星座を4つのグループに分けたときに、蟹座、さそり座、魚座にあたるグループのことをいいます。水のエレメントは、感情、直感、想像力、思いやりなどの性質を象徴しています。また、水のエレメントに属する人は、感受性豊かで、他人の気持ちを理解することに長けている傾向があります。水のエレメントは、芸術的な才能を持っている人も多く、創造的な活動に適しています。一方、水のエレメントに属する人は、感情的になりやすく、傷つきやすい傾向もあります。また、水のエレメントに属する人は、現実逃避に陥りやすい傾向もあります。
四柱推命に関する用語

巳年の運勢と性格の特徴

巳年の性格は、とても聡明で、頭の回転が速いのが特徴です。機転がきくので、難しい状況にも対応することができ、幅広い分野で活躍することができます。また、巳年生まれの人は、とても好奇心旺盛で、新しいことにチャレンジすることを好みます。ポジティブで、前向きな性格なので、失敗してもくじけずに、何度もチャレンジを繰り返すことができます。 巳年生まれの人は、とても社交的で、人付き合いが得意です。人当たりが良く、多くの人から好かれるタイプです。また、人を見る目があるため、信頼できる人をすぐにを見つけることができます。ただし、巳年生まれの人は、プライドが高く、負けず嫌いな面もあります。自分の意見を曲げることが難しく、人間関係のトラブルを招く原因となることもあるでしょう。また、巳年生まれの人は、お金に執着する傾向があります。 巳年生まれの人は、とても努力家です。一つのことに集中して、コツコツと努力を続けることができます。また、巳年生まれの人は、頭の回転が速いので、新しいことをすぐに習得することができます。そのため、巳年生まれの人は、幅広い分野で活躍することができます。
スポンサーリンク
その他の用語

箕宿ってどんな宿なの?

箕宿の性格は、明るく社交的で、好奇心が旺盛です。常に新しいことに挑戦することに意欲的であり、人との交流が大好きです。また、独立心が強く、自分の信念を貫きます。また、正義感が強いため、弱い者いじめや不正に怒りを抱くこともあります。箕宿の人は、人々から愛され、慕われます。 箕宿の人は、非常に知的で、知識欲が旺盛です。新しいことを学ぶことに喜びを感じ、常に自分自身を高めようとしています。また、物事を深く考えることができるため、優れた洞察力を持っています。箕宿の人は、物事のの本質を捉えることができるため、常に新しい発見をします。 箕宿の性格は、天の川の南に位置するみなみのりゅうこつ座の中の星座である箕の形に似ていることから来ています。箕は、穀物をあおいで殻を飛ばす道具で、穀物を収穫するのに使われます。箕宿の人は、穀物を収穫する時期に生まれたため、収穫の豊かさや繁栄を象徴しています。
人相に関する用語

水野南北→ 江戸時代の中心的人物と現代人の手相占いの祖

水野南北は、江戸時代後期の思想家、戯作者、手相家です。寛政5年(1793年)に江戸で生まれ、天保12年(1841年)に49歳で亡くなりました。 水野南北は、幼少期から聡明で、学問を好みました。18歳で江戸に出て、戯作を書き始めました。その作品は、庶民の生活や心情をリアルに描いたもので、多くの人々に親しまれました。また、水野南北は、手相の研究にも熱心で、手相占いの書物も執筆しています。 水野南北の生涯は、波乱に満ちたものでした。22歳の時に、芝居小屋の火事に巻き込まれて大やけどを負い、その傷がもとで、片足を切断しました。また、35歳の時には、戯作が幕府の検閲に引っかかり、投獄されました。しかし、水野南北は、これらの困難を乗り越えて、精力的に活動しました。水野南北は、江戸時代の中心的人物の一人であり、現代人の手相占いの祖といわれています。
西洋占星術に関する用語

西洋占星術の謎を解く!三重円の世界

西洋占星術の大きな特徴のひとつとなっているのが、<三重円>です。この三重円とは、円の中に円が重なるという構造をしており、それを3つ重ねたものが西洋占星術の三重円となります。この三重円は、西洋占星術の中で最も重要な構成要素である<黄道十二星座>、<惑星>、そして<ハウス>を表しています。 三重円の中心にあるのが、黄道十二星座です。黄道十二星座とは、おひつじ座、おうし座、ふたご座、かに座、しし座、おとめ座、てんびん座、さそり座、いて座、やぎ座、みずがめ座、うお座の12星座のことです。これらの星座は、太陽が一年間かけて移動する黄道の軌跡を12等分したもので、西洋占星術では、人の性格や運命を占うために使用されます。 三重円の第二層にあるのが、惑星です。西洋占星術では、太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星の10個の惑星を使用します。これらの惑星は、それぞれが異なる性質を持っており、人の性格や運命に影響を与えるとされています。例えば、太陽は生命力や意志、月は感情や直感、水星は知性やコミュニケーション、金星は美や恋愛、火星は行動力や情熱、木星は拡大や繁栄、土星は試練や制限、天王星は変化や革新、海王星は夢や幻想、冥王星は死と再生を表しています。 三重円の第三層にあるのが、ハウスです。ハウスとは、天球を12等分したもので、それぞれが異なる意味を持っています。例えば、第一ハウスは自己、第二ハウスは財産、第三ハウスはコミュニケーション、第四ハウスは家庭、第五ハウスは恋愛や楽しみ、第六ハウスは健康や仕事、第七ハウスはパートナーシップ、第八ハウスは死や再生、第九ハウスは旅行や学問、第十ハウスは社会的地位、第十一ハウスは友人や仲間、第十二ハウスは潜在意識を表しています。
四柱推命に関する用語

水 – 四柱推命の重要な要素を知る

水の種類 - 壬水と癸水 水には、壬水と癸水という二つの種類があります。壬水は、海、川、湖などの大きな水の流れを象徴しています。また、知的、直感的な性格を持つ傾向があります。癸水は、雨、露、泉などの繊細な水の形態を象徴しています。また、感情豊かで、思いやりのある性格を持つ傾向があります。 壬水の人々は、通常、知的で、直感力があり、創造性に富んでいます。また、野心的で、目標に対して粘り強く努力する傾向があります。しかし、傲慢で、無神経なところがあるかもしれません。 癸水の人々は、通常、感情豊かで、思いやりがあり、親切です。また、芸術的で、創造性に富んでいます。しかし、優柔不断で、決断力に欠けるところがあるかもしれません。
風水に関する用語

注目!金運アップ&幸運を呼ぶ風水術「水取り」とは?

風水では、水は「財」や「運気」を象徴するものとして知られています。そのため、家の中の水まわりを清潔に保ち、水漏れがないようにすることが大切とされています。 また、水を取り入れて風水を整える方法として、「水取り」があります。水取りとは、家を建てる際に、土地の水の流れを考慮して、水を集める場所を設けることです。水を取り入れることで、金運アップや幸運を呼び込むことができるとされています。 水取りには、さまざまな方法があります。例えば、家の北側に池や噴水を設置したり、南側に水盤を置くなどがあります。また、玄関の近くに水鉢を置いたり、トイレや浴室に観葉植物を置くのも、水取りの効果があるとされています。
西洋占星術に関する用語

西洋占星術用語解説「ミッドポイント」

ミッドポイントとは、西洋占星術において、2つの天体の黄経の中間点を意味する用語です。例えば、太陽と月がそれぞれ牡羊座15度と牡牛座15度に位置している場合、その2つの天体のミッドポイントはおうし座30度となります。ミッドポイントには、2つの天体のエネルギーを調和させ、融合させる働きがあります。また、2つの天体の関係性を示唆しており、その意味を解釈することで、より深い占星術の洞察を得ることができます。
四柱推命に関する用語

四柱推命用語「壬」の意味と特徴

は、四柱推命において「水」の陽(プラス)の五行に属し、冬場の冷たさ、鋭さ、厳しさを象徴する文字です。壬は、太く流れる川や湖の水を表しており、穏やかで、忍耐強く、穏やかな流れを意味します。壬の人は、知性と直感のバランスが良いため、物事を深く考え、直感的に判断することができます。また、優れたコミュニケーション能力を持ち、他者と良好な関係を築くことができます。壬の人は、変化を恐れず、新しいことに挑戦する傾向があり、そのため、常に進化し続けることができます。しかし、頑固で、自分の考えに固執しやすいという一面もあります。
スポンサーリンク