アレイスター・クロウリーのタロット用語集

タロットに関する用語

アレイスター・クロウリーのタロット用語集

占い大好き

先生、タロットに関する用語「アレイスター・クロウリー」について教えてください。

占い研究家

アレイスター・クロウリーは、19世紀後半から20世紀前半にかけて活躍したイギリスのオカルティストです。彼は、神秘主義や魔術に傾倒し、独自のタロットカードである「トート・タロット」を制作しました。

占い大好き

トート・タロットとは、どのようなタロットカードなのでしょうか。

占い研究家

トート・タロットは、クロウリーが独自の思想と解釈に基づいて作成したタロットカードです。従来のタロットカードとは異なる絵柄やシンボルが採用されており、より神秘的な雰囲気を醸し出しています。

アレイスター・クロウリーとは。

アレイスター・クロウリーは、イギリスのオカルティストです。1875年1月から1947年まで生きました。派手なパフォーマンスでメディアに登場し、物議を醸しました。トート・タロットの作者として有名です。また、オジー・オズボーンの曲「ミスター・クロウリー(死の番人)」のモチーフにもなっています。

アレイスター・クロウリーの生涯

アレイスター・クロウリーの生涯

アレイスター・クロウリーは、19世紀後半から20世紀前半にかけて活躍したイギリスの魔術師、詩人、小説家である。

1875年、イギリスのウォリックシャー州で裕福な家庭に生まれる。子供の頃から、神秘思想やオカルトに強い興味を示し、様々な魔術書を読み漁った。

19歳の時にケンブリッジ大学に入学し、自然科学を学ぶ。しかし、大学生活に馴染めず、すぐに退学してしまう。

その後、ロンドンで画家として活動する一方、魔術の研究を続ける。1904年、秘密結社「黄金の夜明け団」に入団し、本格的に魔術を学ぶ。

1910年、エジプトに旅行し、そこで神秘体験をする。この体験をきっかけに、彼は魔術師として覚醒し、独自のカバラ理論である「テレマ」を提唱する。

1914年、第一次世界大戦が勃発すると、クロウリーはイギリス軍に入隊する。しかし、すぐに除隊となり、イギリス政府からスパイ容疑をかけられる。

その後、クロウリーはイタリアに移住し、シチリア島で魔術の学校である「アバトマゴス」を設立する。しかし、1923年にイタリア政府から国外追放処分を受け、イギリスに戻される。

イギリスに戻った後は、ロンドンで魔術のサロンを開き、執筆活動に励む。1947年に、スコットランドの自宅で死去。

アレイスター・クロウリーは、生涯を通じて魔術やオカルトを研究し、多くの著書を執筆した。彼の思想は、後の魔術師やオカルト研究家たちに大きな影響を与えた。

タロットカードの歴史

タロットカードの歴史

タロットカードの歴史は古く、その起源は不明ですが、14世紀のイタリアでゲーム用カードとして登場したというのが有力な説です。その後、16世紀になると、タロットカードは占いに使われるようになり、19世紀には芸術家や神秘主義者たちによってその神秘性が再評価され、現代に至っています。

タロットカードは、大アルカナと小アルカナの2種類から構成されており、大アルカナは22枚、小アルカナは56枚の合計78枚で構成されています。

大アルカナは、愚者、魔術師、女教皇、女帝、皇帝、教皇、恋人、戦車、正義、隠者、運命の輪、吊るされた男、死神、節制、悪魔、塔、星、月、太陽、審判、世界という22枚で構成されており、人生のさまざまな局面や出来事を象徴しています。

小アルカナは、カップ、コイン、剣、ワンドの4つのスートから構成されており、それぞれ1から10までの数字のカードと、ページ、ナイト、クイーン、キングという4枚の宮廷カードで構成されています。

小アルカナは、日常の出来事や感情を表しており、大アルカナと組み合わせて占いに使用されます。

タロットカードは、その神秘性と芸術性から多くの人々を魅了しており、占いだけでなく、芸術作品や文学作品としても親しまれています。

タロットカードの象徴

タロットカードの象徴

タロットカードの象徴

タロットカードは、その象徴によって、潜在意識のメッセージを伝えると言われています。 タロットカードの象徴は、西洋の神秘思想や錬金術、占星術などさまざまな分野から取り入れられています。

タロットカードの象徴は、その意味が複雑で多面的であることが多く、一義的に解釈することはできません。 同じカードでも、その時の状況やコンテキストによって、意味が異なってきます。

タロットカードの象徴を解釈するには、そのカードの全体像を捉え、そのカードが他のカードとどのように関連しているかを考えることが大切です。 また、そのカードがどのような状況で引かれたのか、その時の質問者の心境なども考慮する必要があります。

タロットカードの象徴は、奥が深く、その意味をすべて理解するのは難しいかもしれませんが、だからこそ、タロットカードは占いやセラピーなどで広く使われているのです。タロットカードの象徴を学ぶことで、自分の潜在意識を理解し、人生の課題を乗り越えるヒントを得ることができます。

トート・タロット

トート・タロット

トート・タロットは、アレイスター・クロウリーによって考案されたタロットカードの一種です。1938年に初版が発行され、現在も多くのタロット愛好家に愛用されています。

トート・タロットの最大の特徴は、その独特の図柄です。クロウリーは、タロットの伝統的な図柄をベースにしながらも、独自の解釈を加えて新たな図柄を生み出しました。そのため、トート・タロットのカードは、他のタロットカードとは一味違った雰囲気を持っています。

また、トート・タロットは数秘術やカバラなどの神秘思想にも基づいて作られています。そのため、トート・タロットのカードには、さまざまなシンボルが隠されており、それらを解読することで、カードの意味をより深く理解することができます。

トート・タロットは、その独特の図柄や神秘思想に基づいた深い意味合いから、多くの芸術家や思想家にも愛されてきました。例えば、映画監督のデヴィッド・リンチは、トート・タロットを愛用しており、その作品にもトート・タロットのモチーフが登場しています。

トート・タロットは、その独特の魅力から、初心者から上級者まで幅広いタロット愛好家に愛用されています。もし、あなたがタロットに興味を持っているのであれば、トート・タロットを試してみてはいかがでしょうか。

アレイスター・クロウリーのタロット理論

アレイスター・クロウリーのタロット理論

アレイスター・クロウリーのタロット理論

アレイスター・クロウリーは、タロットカードを人生の旅を表す象徴体系として見ており、タロットカードの解釈には、占星術、カバラ、錬金術などの様々な知識を用いていました。 彼は、タロットカードを、人間の意識のさまざまな側面を表す「アストラル体」と、宇宙の普遍的な原理を表す「エーテル体」の2つの層からなるものと考えていました。カードの解釈には、それぞれのカードが対応するアストラル体とエーテル体の要素を考慮し、それらを組み合わせて、カードの意味を導き出していました。

また、クロウリーは、タロットカードの配置によって、カードの意味が変化すると考えていました。 彼は、カードの配置を「スプレッド」と呼び、さまざまなスプレッドを考案していました。スプレッドには、簡単なものから複雑なものまで、様々な種類があり、スプレッドによって、カードの意味が変化します。クロウリーは、タロットカードの解釈には、スプレッドを考慮することが重要であると考えていました。

タイトルとURLをコピーしました